和牛の輸入が多い国は?

無味乾燥に思える統計をながめていて、「エッ」と驚く事実を発見するとつい人に話したくなります。農産物の輸出統計を何気なく見ていて、和牛輸出に関わる興味深い統計を発見しました。

冷凍牛肉の輸出先の国別データ

2010年 1)マカオ、 2)カンボジア、 3)ベトナム

2011年 1)カンボジア、 2)マカオ、 3)香港

2012年 1)カンボジア、 2)ラオス、 3)香港

2013年 1)カンボジア、 2)香港、  4)モンゴル

2014年 1)カンボジア、 2)香港、  3)タジキスタン

*畜産物の需給関係の諸統計データ(独立行政法人農畜産業振興機構ホームページより)

http://lin.alic.go.jp/alic/statis/dome/data2/nstatis.htm

信じられないことに、冷凍和牛の最大の輸出先はカンボジアです。

最初は何かの間違いだと思いました。カンボジア人が和牛をモリモリ食べている図は想像できません。カンボジア人が和牛をモリモリ食べていないとすれば、迂回輸出(あるいは密輸)が行われている可能性が高いです。

第一に、輸出される牛肉の平均単価は、決して安くありません。カンボジアの一人当たりGDPが1,006ドル(2013年)です。月100ドル以下で生活しているカンボジア人が、キロ何千円もする牛肉をモリモリ食べているはずがありません。第二に、カンボジアの人口は約1500万人です。そんなに市場規模も大きくありません。よほどがんばらないと和牛をカンボジア国内で消費できません。

牛肉の輸入関税の低いカンボジアに輸入し、そこから第三国に再輸出しているとしか思えません。おそらくラオスやモンゴルも同様です。近隣の和牛好きの豊かな国に向けて、再輸出(密輸かも?)しているとしか考えられません。 第三国の候補としては、シンガポールのように日本と自由貿易協定を結ぶ国は除外できます。香港は直接輸入する例が多いです。やはり一番考えられる再輸出先国は中国です。おそらく中国の富裕層向けに再輸出され、関税逃れに使われているのでしょう。

数年前に横浜税関を視察した時に、中国人船員がよく和牛を密輸出すると聞きました。船員が日本のスーパー等で買った和牛を中国に密輸するとかなり儲かるそうです。かさばって大変そうですが、それでも利益が出るそうです。牛肉の輸入関税が高いのか、それとも、和牛の流通を独占している国営企業が、暴利をむさぼっているのか知りません。いずれにしても中国国内で和牛は高く売れるそうです。

こういう無味乾燥な政府統計のなかにも、東南アジアと中国の関係を想像させるような興味深いデータがあります。統計っておもしろいですね。

関連記事

  • アベノミクスの失敗は予測可能だったアベノミクスの失敗は予測可能だった 久しぶりに私の専門分野の「途上国の教育開発」に関するテキストを読んでいたら、いまのアベノミクスの失敗は十分に予測可能だったことに思いいたりました。 安倍政権のアベ […]
  • ポスト・アベノミクスを考えるポスト・アベノミクスを考える 1.アベノミクスを検証する 安倍政権がこの4年10か月進めてきた経済政策をふり返って考えてみます。少し前ですが、日本経済新聞のアベノミクス検証記事(2017年6月 […]
  • アベノミクスの誤算:円安で輸出減?アベノミクスの誤算:円安で輸出減? 経済学の常識に照らせば、円が安くなると、輸出が増えるはずです。アベノミクスの円安誘導は、輸出を増やす「はず」でした。たとえば、日本の企業が、1ドル80 […]