子どもにやさしい社会

少子化が問題になっていますが、子どもの人数や出生率といった数値、いわば「量」よりも、ひとりひとりの子どもが幸せに暮らせるかどうかという「質」の方が大切です。子どもの権利が守られ、子どもにやさしい社会、子どもたちが幸せに暮らせる社会をつくることを最優先にすべきだと考えます。そうすれば、自然と子どもの数も増えるのではないでしょうか。

子どもの貧困は、子どもにはなんの責任もありません。たまたま生まれた家庭が貧しかったがゆえに、教育を受ける機会を奪われることがあってはなりません。子どもの貧困は、政治の貧困です。子どもの貧困対策は、政治の責任であり、政府の役割です。親の所得格差を子どもの教育格差につなげないよう、公教育の充実に力を入れます。学習塾や家庭教師に頼らなくても、十分な学力が身につく公教育をめざします。

日本は先進国のなかでGDPに占める政府の教育支出がもっとも少ない国です。逆に家庭の教育費の負担がもっとも重たいのが日本です。つまり政府が教育支出をケチっているので、その分だけ家庭(保護者)の教育費負担が重くなっています。子どものたちの教育は、社会全体にとって重要な投資です。社会全体で子どもたちの教育や保育の費用を負担する必要があります。政府の教育支出、子育て関連支出を拡大する必要があります。

私も2人の子を持つ親として子育て世代を代表し、教育政策の専門家としてのトレーニングを受けた経験をいかして、子どもにやさしい社会をつくるためにがんばります。

子育て支援

  • 保育園と幼稚園の家計負担の軽減
  • 待機児童問題の解消
  • 保育の質の改善
  • 保育士と幼稚園教諭の待遇改善
  • 育休の取りやすい環境整備
  • 公共交通機関や歩道等のバリアフリー化
  • 子どもの安全対策・防犯対策の充実
  • 不妊治療への助成拡大
  • 子どもの医療費の家計負担軽減(理想的には無償化)
  • 子どもの健康診断や予防接種の無料化と啓発活動強化
  • 子育て支援や障がい児支援に関わるNPOへの支援の拡充
  • 児童手当の再設計(第二子以降の子どもの支援を手厚くする)
  • ワークライフバランスの改善に向けた労働規制の強化

教育

  • 義務教育段階(小中学校)の公教育予算の拡充
  • 教員養成の充実。教員の専門性を高める研修の充実
  • 不登校児等のためのオルタナティブ教育の推進
  • 障がい者教育の質の向上。障がい者向けの職業教育の充実
  • 非正規雇用の教員の待遇改善と正規雇用化
  • 高校や専門学校における職業教育の充実:手に職をつける教育
  • 大学教育の質の向上。学生が安心して学べる環境づくり
  • 国公立大学の授業料の値下げ
  • 給付型奨学金や無利子奨学金制度の拡充
  • 地方の国立大学の研究・教育能力強化に向けて重点投資

子どもの貧困対策

  • 貧困家庭の子ども向けの給付型奨学金の拡充
  • 貧困家庭の子ども向けの無料の学習機会の充実
  • ひとり親世帯(特に母子家庭)への支援の充実
  • ひとり親世帯の親への職業訓練の優先的実施と就労支援の強化
  • 児童養護施設の子ども向けの給付型奨学金の拡充