北岡伸一JICA理事長は適格なのか?

up

JICAの北岡伸一理事長は、国際政治や国際法の専門家であり、ご見識のある立派な学者だと思います。私のような浅学非才の者がコメントできないくらい、立派な学者の先生です。しかし、JICAの理事長として適切なのかといえば、まったく別の問題です。

北岡伸一理事長は、法政大学の森聡教授と連名で、「ミサイル防衛から反撃力へ:日本の戦略の見直しを」というタイトルの文章を中央公論の2021年4月号に投稿しました。その論考の安全保障上の観点から見た価値についてはふれませんが、一部を抜粋すると次のような記述が出てきます。

「中国によるミサイル攻撃を可能にする軍事施設などに対して通常戦力で反撃する『上流の拒否能力』、すなわち反撃力を獲得するべきである。」

「日本の反撃力の標的は空軍基地、海軍基地、物資・燃料集積拠点、対空レーダーサイト、通信中継基地、戦区司令部などの固定軍事目標とし、政治中枢、政府要人、ダム、発電所等は攻撃対象に含めないものとする。」

「日本が具体的に保持すべき反撃能力であるが、①トマホーク、②中距離弾道ミサイル、③極超音速ミサイルを段階的に導入すべきであり、このほかに長射程で高速の対艦ミサイルも保有すべきである。」

これらの主張は軍事的には妥当かもしれません。安全保障の専門家から見れば、ごく常識的な内容なのかもしれません。

しかし、現職のJICA理事長が公然とこのような主張をすることの対外的なイメージを考えるべきです。このような主張をするのは、JICA理事長を退任した後にしてほしいものです。

JICAは「人間の安全保障」の実現をめざす組織であり、「国際協力機構」の名が示す通り国際協力のための政府機関です。さらにJICAの業務のひとつは、紛争後の復興支援や平和構築です。

そのJICAのトップが「中国本土へのミサイル攻撃能力を持つべきだ」と公然と発信するのは、JICAの組織としてのブランドイメージを傷つけるものです。

JICAのパートナーとして活動しているNGOのなかには、紛争地における人道支援やコミュニティレベルの平和構築などに携わっているNGOもあります。平和構築や紛争地の復興に関わるNGOやJICA専門家の人たちは、北岡伸一理事長の発信をどう受け取ることでしょうか。

JICAの理事長にふさわしいのは、「人間の安全保障」の専門家であって、「安全保障」の専門家ではありません。別の人に理事長を代わってほしいものです。元JICA職員としてとても残念に思います。

関連記事

  • 2019年の抱負2019年の抱負 昨年2018年をふり返ると政治の世界は必ずしも良い方向に行っていませんが、個人的には良い年でした。衆議院議員に復帰できてとても忙しい1年間でしたが、約3年の浪人暮らしのあとだけに […]
  • アベノミクスの誤算:円安で輸出減?アベノミクスの誤算:円安で輸出減? 経済学の常識に照らせば、円が安くなると、輸出が増えるはずです。アベノミクスの円安誘導は、輸出を増やす「はず」でした。 たとえば、日本の企業が、1ドル80円で1万ドルのモノを […]
  • コロナ禍のODA:教育のためのグローバル・パートナーシップ(GPE)コロナ禍のODA:教育のためのグローバル・パートナーシップ(GPE) 新型コロナウイルス感染症で世界も社会も大きく変わりました。国際援助の世界も大きな変化が起きていると思います。日本のODAの大半を実施するJICAは技術協力を重視してきましたが、そ […]