子ども・子育てタウンミーティング in 福岡(10月14日)

イベントの告知です。立憲民主党は子ども・子育て政策を取りまとめているところですが、ボトムアップの政策形成をめざし、全国で対話型のタウンミーティングを開く予定です。福岡でも「子ども・子育てタウンミーティング」を開催いたします。

党本部の政務調査会の「子ども・子育てプロジェクトチーム」の皆さんの企画で、私もパネリストとして育児について語ることになっています。大学院で教育政策を専攻しましたが、育児の実践に関してはあまり大きなことはいえません。

東京(国会)と福岡(選挙区)の二重生活で、あんまり育児をしていません。それなのにパネリストにされるということは、つるし上げられるということかもしれません。若干警戒心を抱きつつ、お話しさせていただきます。

ふるってご参加ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子ども・子育てタウンミーティング in 福岡
~すべての子どもたちのいのちと育ちを守るために~

立憲民主党は、すべての子どもたちのいのちと育ちを守るために 子どもの育ちを社会全体で支えていきたいと考えています。 そのために政治がすべきことは?必要な政策とは? 参加者も議員も一緒になって考えていきたいと思います。 「あなたの声を聴かせてください!」

日 時: 2018 年 10 月 14 日(日) 14 時 00 分~15 時 30 分

場 所: 都久志会館(福岡市中央区天神 4-8-10)601 号室

*託児あり(10 月 10 日迄にお申し込み下さい)

出席議員: 大河原雅子・高木錬太郎・岡本あきこ・早稲田夕季・山内康一(すべて衆議院議員)

申し込み先: 立憲民主党福岡県連

TEL 092-846-2308   FAX 092-846-2310

e-mail info@cdp-fukuoka.jp

【プログラム】

★ 立憲民主党の「子ども・子育て政策」ってどんな感じ?

★ 男性国会議員が語る「ただ今、育児中」

★ 参加者&議員で作ろう「これからの子ども・子育て政策」

ご参加お待ちしています。