政策論争より権力闘争の自民党分裂選挙区

up

次の衆議院選挙では自民党が分裂する小選挙区がいくつか出てきそうな気配です。現職の林芳正参議院議員が衆議院への鞍替えをめざし、現職の河村建夫衆議院議員がいる山口3区から立候補を表明しています。他にも自民党現職同士でぶつかる小選挙区も出てくるかもしれません。

このような同じ政党の候補者同士の戦いは小選挙区制の趣旨に反します。そもそも小選挙区制は、政党間の政策論争を活性化することを目的とし、いわば「政党で選ぶ」選挙制度として導入されたものです。

それ以前の中選挙区制では、自民党候補同士の争いが激しく、政策論争にはなりにくい構造がありました。政策の違いよりも利益誘導(サービス提供)で競争し、「政治とカネ」問題の温床になりました。その反省として小選挙区制が導入されました。(*個人的には、小選挙区制よりも比例代表制の選挙制度が望ましいと思いますが、その議論はさて置き。)

小選挙区制の趣旨から考えれば、同じ政党から小選挙区に2人の候補者が出るのはおかしいわけです。政策的に差のない候補者が2人出た場合、有権者は何を基準に選べばよいのでしょうか。もちろん「人柄」といった基準もありますが、なかなか簡単にはわかりません。どっちの候補者が勝っても、自民党の政策に従うというのでは、選択肢になりません。

たとえば、山口3区のケースでいえば、林参議院議員と河村衆議院議員では政策的な違いはさっぱりわかりません。どちらも自民党内ではハト派的な政治家だと思います。お二人とも政策通で手がたい政治手腕をお持ちで、変な噂は聞いたことはありません。どちらの議員も、私と政策的立ち位置は異なりますが、それでも尊敬できる人物だと思います。有権者はどう判断すればよいのでしょうか?

現職の河村衆議院議員が継続して出馬するのは自然ですが、林議員が衆議院に鞍替えすることについては何の正統性も大義もありません。「総理大臣をめざしたい」という意志があるのでしょうが、それは個人的な都合であって、政党ガバナンスの観点から見れば無茶苦茶です。自民党内で調整するのが筋ですが、それを有権者の判断に任せるのは、政党の機能不全です。

選挙制度の趣旨に反することをやるのは政党として無責任だと私は思います。衆議院選挙は「政権選択選挙」です。小選挙区で自民党内の内輪の権力闘争をするのは、有権者にとっては混乱を招き、健全な政策論争の機会を奪います。

こんなことができるのも「野党には力がない」と甘く見ている証拠です。分裂したら野党に負けそうな小選挙区だったら、自民党内で全力で分裂を回避するはずです。「分裂しても野党には負けないだろう」と予測しているから、公然と内輪の争いができるのだと思います。自民党分裂の小選挙区の野党候補は、是非がんばって勝ってほしいです。「驕る自民は久しからず」となることを期待しています。

関連記事

  • 私の骨髄バンク歴私の骨髄バンク歴 競泳女子日本代表で東京オリンピックの金メダル候補の池江璃花子選手が白血病であることを公表しました。桜田大臣発言は論外として、池江さんを応援したいという声があちこちから上がり、白血 […]
  • 蓮舫代表の辞任について蓮舫代表の辞任について 蓮舫代表が辞任表明されました。短い間でしたが、お疲れ様でした。自ら身を引くのはつらかったと思います。衆院選への出馬を表明したばかりだったので、てっきり続投されるものと思っていまし […]
  • コロナ禍を深刻化させた2つの「主義」コロナ禍を深刻化させた2つの「主義」 コロナ禍についてノーベル経済学者のジョセフ・スティグリッツ教授(コロンビア大学)が、読売新聞の鶴原徹也氏の電話インタビューに答えて次のように指摘しています。蛇足ながら鶴原氏はイン […]