オリンピック・パラリンピック強行のリスク

up

菅政権は東京都における4度目の緊急事態宣言発令を決めました。オリンピック・パラリンピックの緊急事態宣言下での開催が確定しました。やはり前回の緊急事態宣言の解除は早すぎました。その結果のリバウンドであり、明らかに菅政権の判断ミスです。

オリンピック・パラリンピックは無観客開催と報道されています。安倍総理は昨年3月24日に「人類が新型コロナウイルス感染症に打ち勝った証しとして完全な形で東京大会を開催する」と述べましたが、結果的に「安倍総理が完全に見通しを誤った証し」になりました。

昨年3月の段階で今年の夏のコロナの感染状況を見通すのは難しいのはわかります。しかし、予測が難しいからこそ、より慎重な判断をすべきでした。コロナはなかなか収束しないとの予測に立って2年延期を判断すればよかったし、そのように助言した人もいたと報道されています。

オリンピック・パラリンピックの誘致にあたっては、日本の「お・も・て・な・し」が売り物だったわけですが、選手団の皆さんにとっては「お・も・て・な・し」どころかほぼ隔離状態で競技に専念することになります。招致時に約束した前提が崩れたこともあり、オリンピック・パラリンピックを強行する正当性は薄まったと思います。

現在インド由来のデルタ株による第5波の危険性が予測されていますが、さらにオリンピック・パラリンピック開催にともなって、南米で感染拡大中のラムダ株の上陸も懸念されています。ラムダ株は感染力が強く、ワクチンの効果も弱いと言われており、デルタ株以上に危険だと言われています。

政府がオリンピック・パラリンピックの感染症対策を万全にすると言っても、これまで判断ミスを繰り返してきた政府の言うことを額面通りに受け入れることはできません。多くの国民が「ほんとに大丈夫だろうか?」と心配していると思います。

オリンピック・パラリンピックが成功するか否かはわかりません。そもそも何をもって「成功」と見なすかの客観的な尺度もありません。しかし、私は、国民の生命を危険にさらしてまで、オリンピック・パラリンピックを強行すべきではないと思います。また、オリンピック・パラリンピックが感染拡大のきっかけになれば、「日本の恥」の不名誉な歴史として記憶されるかもしれません。

菅総理の心中もわかりません。菅総理大臣が「乾坤一擲の大勝負」という感じでギャンブルのようにリスクを負っているのだとすれば、許されません。他方、専門家の助言や科学的知見に基づき自信をもってオリンピック・パラリンピックを開催するのであれば、その根拠を国民にわかりやすく示してほしいと思います。国民の不安を解消する努力が欠けていると思います。

報道ベースの公開情報を見る限り、オリンピック・パラリンピックが問題なく開催できる可能性が高いようには思えません。過ちては改むるに憚ることなかれ。緊急事態宣言発令が決まった今ならオリンピック・パラリンピックの延期・中止は間に合うのではないでしょうか。

第一次世界大戦の起源のように「すでに軍隊に動員をかけてしまったからもう後戻りできない」的な発想で、オリンピック・パラリンピックを強行するのはやめた方がよいと思います。菅総理の昔のポスターのキャッチコピーは「私はブレない」でしたが、その姿勢が柔軟性を失わせているようにも見えます。人生ときには「退く勇気」も必要です。名誉ある撤退を選ぶなら今がラストチャンスだと思います。

関連記事

  • 「デジタルで読む脳」とトランプ政治「デジタルで読む脳」とトランプ政治 読売新聞7月12日付朝刊の「あすへの考」の「紙の本『深く読む脳』育む」というインタビュー記事がおもしろかったです。少し前にブログで「デジタルで読む脳、紙の本で読む脳」というのを書 […]
  • 立憲民主党のホームページ特集記事立憲民主党のホームページ特集記事 立憲民主党のホームページの特集記事に出ました。かなり長時間のインタビューを受けつつ、カメラマン密着でたくさん写真を撮ってもらいました。自分の写真をあらためて見るのは恥ずかしいもの […]
  • ネットがトランプ現象を生むネットがトランプ現象を生む トランプ現象の背景には、格差の拡大、中流階級の没落などが言われていますが、大きな要因のひとつはインターネットの影響だと思います。「アメリカ人がインターネットに依存して、本を読まな […]