立憲民主党

日々の雑感、書評

日々の雑感、書評

先日、人生初のマラソンに参加して完走しました。新しい年の初めに新しいことにチャレンジし、無事に完走できたので、幸先の良い1年のスタートになりました。 数か月前の「年明け解散総選挙説」が濃厚だった頃に、母校の筑紫丘高校の同級生から鹿児島の指宿マラソンに誘われました。なぜかバスを1台 ….. 続きを読む

日々の雑感、書評

現職衆議院議員時代は毎年12月末に「今年読んだ本ベスト10」をブログで発表し、意外と好評でした。今春から福岡3区で政治活動を再開したので、2年ぶりに再開します。 以前は国会図書館という「日本最強の図書館」で好きなだけ本を借りられたので、ハードカバーの本や学術書も読みやすかったので ….. 続きを読む

日々の雑感、書評

安倍政権に対しては「反知性主義」との批判があります。トランプ現象のように移民やイスラム教徒への排斥も、「反知性主義」の表れとされることもあります。では、具体的に「反知性主義」とは何か、そもそも「知性」とは何かを知るのに良い本が、佐藤優氏の著書「知性とは何か」です。 佐藤さんは、私 ….. 続きを読む

2016年12月14日
私の敗戦記念日
日々の雑感、書評

私にとって12月14日は「敗戦記念日」です。前回の衆議院選挙で埼玉13区の民主党公認候補として戦い、落選したのが2年前の今日でした。その日を境に生活が激変しました。 落選してまっさきにやらなくてはいけないのが、国会の事務所の引っ越しでした。9年以上も使っていた事務所には、長年かけ ….. 続きを読む

日々の雑感、書評

ヒラリー・クリントン氏の敗北の弁は、名演説でした。規模はぜんぜん違いますが、同じように落選を経験した私の心にはとても響きました。特に次の部分は感動しました。 皆さんに、特に若い人たちに聞いて欲しい。私は、自分が信じるもののために、生涯をかけて戦ってきました(I have spen ….. 続きを読む

日々の雑感、書評

参議院選挙が近いのにあまり世間は盛り上がっていません。街の反応はイマイチです。盛り上がっているのは、舛添都知事の問題ばかり。甘利元大臣の問題の方が悪質だと思いますが、そちらはあまり報道されず、「せこい」という点が批判される都知事の問題ばかりにスポットが当たっています。

2016年6月3日
世襲格差と政治
政治の動きと分析, 日々の雑感、書評

最近出た「世襲格差社会」という本が、とてもおもしろいです。著者の橘木氏は早くから格差問題を研究してきた経済学者です。今回は「世襲格差」に光をあてています。いまの政治を考える上で興味深い視点です。 *橘木俊詔、参鍋篤司 2016年 『世襲格差社会』 中公新書 いまや世襲格差は世界的 ….. 続きを読む

個人情報保護方針

© Copyright 2020 山内康一