立憲民主党

平和と外交

平和と外交

今朝(8月17日)の西日本新聞の一面トップの見出しは『核先制不使用 首相「反対」』でした。オバマ大統領が検討している核先制不使用政策に対して、安倍総理が「北朝鮮に対する抑止力が弱体化する」という理由で反対の意向を伝えたと報じています。 安倍総理は「核兵器のない世界を実現することが ….. 続きを読む

平和と外交

安倍政権のタカ派路線のなかでは、集団的自衛権や特定秘密保護法等の問題が注目され、批判をあびてきました。その一方で、目立たない形で粛々とそして着実に日本の軍事化が進んでいます。法改正が必要な事柄であれば国会で審議され、野党も声をあげる機会があります。国会で審議されれば、ある程度は世 ….. 続きを読む

平和と外交

  この数年で自民党のイデオロギー的純化路線が進んでいます。タカ派からハト派まで、自主憲法制定論者から護憲派まで、幅広いのが昔の自民党的な包容力であり、包括政党としての自民党でした。河野洋平元衆院議長のように憲法9条を守ることを信条にしている自民党政治家もいました。しか ….. 続きを読む

平和と外交

バングラデシュのテロ事件で7人の日本人が犠牲になりました。本当に残念です。ご冥福を心からお祈り申し上げます。 最初に報道を聞いたときには、まだ事件の全容はわかりませんでした。「人質のなかに日本人がいるらしい」という報道でした。バングラデシュにいる日本人といえば、かなりの確率でJI ….. 続きを読む

平和と外交

イギリスでEU残留派のジョー・コックス下院議員が、極右思想の持ち主の容疑者の男に射殺されました。政治的主張を封じるための殺人などあってはならないことです。議会制民主主義の生みの親ともいえるイギリスで、そういう事件が起こったことに驚きます。21世紀になっても世界は進歩するどころか、 ….. 続きを読む

平和と外交

ドイツ連邦議会(下院)が、オスマン帝国末期の1915年のアルメニア人殺害事件を「ジェノサイド(民族大量虐殺)」と非難する決議を与野党の賛成で採択しました。それに対してトルコは、この事件を「虐殺」とは認めず、決議採択に反発して駐ドイツ大使を本国に呼び戻しました。トルコのエルドアン大 ….. 続きを読む

平和と外交

G7サミットを世界はどう見ているのかと思い、先日のラジオ分析に続き、いくつかざっとインターネットのサイトを見てみました。 英国国営放送のBBCのサイトを読むと、やはりG7の扱いは小さいです。イラクの戦闘、ジカ熱対策、サッカー等のニュースもあれば、「日本人は地下鉄のなかでうたた寝す ….. 続きを読む

個人情報保護方針

© Copyright 2020 山内康一