立憲民主党

山内康一ブログ 『 蟷螂の斧 』

政治の動きと分析

アメリカ大統領選の共和党候補者指名争いで、トランプ氏が優勢です。人工中絶問題をめぐる発言でつまずきましたが、これまでの勢いはかなりのものです。過激な主張とエリート批判で人気を得ていますが、その背景にあるのは政治不信であると言われています。タブーを無視して本音で罵詈雑言をまき散らす ….. 続きを読む

社会と市民活動、NPO

安倍政権の子どもの貧困対策はピント外れです。政府は、鳴り物入りで昨年10月に「子供の未来応援基金」というのをつくり、民間に寄付を呼びかけています。「目的は正しいけれど、手段が間違っている」という政策の典型例です。この政策は官と民の役割分担という観点から問題があります。基本的な発想 ….. 続きを読む

子どもと教育

卒業のシーズンが終わって入学のシーズンですが、わが母校の国際基督教大学(ICU)の卒業式について書かせていただきます。ICUは、卒業式でSEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)で活躍した学生を表彰しました。SEALDsといえば、全国的な安保法制反対運動の流れをつくった学 ….. 続きを読む

政治の動きと分析

今朝(3月20日)の西日本新聞の報道によると、東南アジアの優等生だったタイでは、民主主義が後退しています。軍事政権が新憲法草案をつくり、上院議員の選挙をやめて、軍事政権が上院議員を任命することになるそうです。政党や政治家の活動が制限される方向で憲法改正がなされ、民政移管は遅れる見 ….. 続きを読む

政治の動きと分析

私の3期(約9年2か月)の衆議院議員生活は試行錯誤の連続でした。JICAやNGOでの仕事を通じて政治家の影響力の大きさを知り、政治の重要性を知りました。NGO時代には、日本の難民政策やNGO支援策を変革するために、国会議員に働き掛ける仕事を経験しました。国会議員を説得して動かすの ….. 続きを読む

子どもと教育

先日、早良郵便局に速達を出しに行こうと歩いていたら、修猷館高校の文化祭のポスターを発見しました。題して「修猷大文化祭」でした。修猷館高校といえば、黒田藩の藩校以来の名門校です。福岡県内の県立高校では、伝統や進学実績でピカイチです。 私の高校時代の進路指導の先生たちは、修猷館高校を ….. 続きを読む

暮らしと経済

残念ながら世間では「民主党政権はダメだった」という認識が定着していますが、民主党政権はそんなにダメだったのでしょうか? 民主党政権が約3年3か月でした。安倍政権発足から約3年3か月たったので、両政権の政策を比較するにはよいタイミングだと思います。内閣府の国民経済計算を使って、安倍 ….. 続きを読む

個人情報保護方針

© Copyright 2020 山内康一