自然エネルギーがすごいことに!

現職議員だったころは週1回以上のペースでエネルギー政策の勉強会や会合に参加し、最新のトレンドに接する機会も多かったのですが、浪人してから勉強を怠っていました。わずか2年ちょっとエネルギー政策の勉強をさぼっている間に世界の自然エネルギーがすごいことになっているのに気づきました。

NPO法人環境エネルギー政策研究所が出している2015年の「自然エネルギー白書」から気になった部分を箇条書きさせていただきます。

http://www.isep.or.jp/library/category/japan-renewables-status-report
  • 2015年に風力発電の設備容量の累積が、原子力発電のそれを上回った。2005年に比較すると風力発電は10年で7倍に急増している。
  • 風力発電は火力発電より安くなり、太陽光発電も他の電力の平均並みに迫っている。「自然エネルギーは高い」という感覚は過去のものになった。
  • 自然エネルギー導入のトップランナーのデンマークは、発電だけではなく、熱供給でも先進的な取り組みを行っている。太陽熱温水、バイオマス、コージェネや温水タンクを地域単位で活用している。
  • 2015年に世界で導入された発電設備の6割は自然エネルギーだった。新規投資に関しては、火力発電や原子力発電は傍流になりつつある。
  • 2015年の世界経済は成長したにも関わらず、CO2排出量は前年並みであった。自然エネルギーの普及により、経済成長とCO2抑制の両立が実現しつつある。
  • 2015年の自然エネルギーの投資額の上位3か国は以下の通り:(1)中国:1029億ドル、(2)米国:441億ドル、(3)日本:362億ドル(約4兆円)。中国の投資額はすさまじい。
  • 日本の自然エネルギー比率は14.5%であり、5年前の約10%に比べれば急増している。しかし、先進国のなかでは自然エネルギーの比率は決して高くない。

こうした状況を見れば、東芝が経営破綻したのは先見性がなかったせいなのが、よくわかります。再生可能エネルギーで、東芝も企業再生してほしいものです。

2015年の自然エネルギー投資を見ると、日本もなかなかですが、それでも中国の半分以下です。ペルシア湾の情勢が不安定な時期だけにエネルギー安全保障の観点からも自然エネルギーの割合を増やすべきだと思います。

地球温暖化対策、エネルギー安全保障、コストなど、あらゆる面から考えて、自然エネルギーの割合を高めることが不可欠です。日本では風力や地熱の開発余地が大きく、自然エネルギーや省エネ、熱供給の伸びしろはまだまだあります。自然エネルギーの発展を阻害する要素をひとつひとつ取り除き、せめて欧州並みをめざす必要があります。

関連記事

  • 気候危機対策調査会を設置気候危機対策調査会を設置 このたび立憲民主党は「気候危機対策調査会」を設置することになりました。私の提案です。このところ国際社会では「気候変動」ではなく、「気候危機(climate […]
  • ボルカーFRB議長「ボルカー回顧録」ボルカーFRB議長「ボルカー回顧録」 昨年12月にFRB(連邦準備理事会)議長を2期(8年)務めたポール・ボルカー氏がお亡くなりになりました。その直前の10月にボルカー議長の回顧録「ボルカー回顧録」が出版されたので読 […]
  • いまこそ先進国の常識「住宅手当」の導入をいまこそ先進国の常識「住宅手当」の導入を いま朝の駅頭活動で配っている国政レポート35号の原稿です。駅で受け取っていない方はご一読いただければ幸いです。 ―――――――――――――――――――――――― いま […]