平和と外交

平和と外交

国内の子どもの貧困と海外援助のどっちを支援すべきか?

少し前に国際協力NGOの方から驚くべきお話しを聞きました。このコロナ危機にあたって日本国内でも海外でも最も脆弱な人たち(特に子ども)にしわ寄せが行っています。そんな中でNGOスタッフの間で「日本にも貧困に苦しんでる人がいるのに、海外援助への...
平和と外交

中谷元防衛相も認めた辺野古移設の問題点

琉球新報の2020年6月18日付ネット記事によると、自民党の中谷元衆議院議員(元防衛大臣、陸上自衛隊OB)が、防衛省がイージス・アショアの配備計画をやめたことに関連し、米軍普天間基地の辺野古移設についても見直しが必要との認識を示しました。 ...
平和と外交

河野防衛大臣のイージス・アショア配備停止は正しい

河野太郎防衛大臣は昨日(6月16日)の衆議院安全保障委員会で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画の停止を表明し、「地元の皆さまにご迷惑をお掛けしてきた。お詫び申し上げなければならない。」と発言しました。 河野大臣の...
平和と外交

日本主導でG7からG9(D9)へ

トランプ大統領が、G7にロシア、インド、韓国、オーストラリアを加えて「G11」にしようとしているとの報道がありました。個人的には「まずい」と冷や汗が出そうになりました。 以前から私はG7に韓国、オーストラリアを加え、「G9」あるいは「...
政治の動きと分析

産経新聞のすばらしい社説:ロヒンギャ難民を放置するな

私は職業柄いろんな新聞を読みます。国会開会中は東京にいて、思想傾向的に左から順に東京新聞、毎日新聞、朝日新聞、日経新聞、読売新聞、産経新聞の6紙は国会で目を通し、週末に福岡に戻って地元事務所でまとめて1週間分の西日本新聞を読むのがルーティー...
平和と外交

コロナが変える世界の政治

新型コロナウイルス危機は、すでに医療の仕組み、社会のあり方、経済構造を変えつつありますが、世界の政治も変えつつあります。 国際政治というのは「風が吹けば桶屋がもうかる」的な連鎖が多々あり、いろんな要素が影響し合います。従って、あまり単...
平和と外交

ODAによる石炭火力発電所建設:外務委員会質疑より(2)

昨日(5月20日)衆議院外務委員会で30分の質疑を行いましたが、その一部の内容をご紹介させていただきます。 ――――――――――――――――――― いまや石炭火力発電所は時代遅れです。もはや「化石」化しつつあります。最新鋭の高効...