立憲民主党

山内康一ブログ 『 蟷螂の斧 』

日々の雑感、書評

書評です。国際日本文化研究センターの瀧井一博教授(国制史、比較法史)の「大久保利通」(2022年、新潮選書)は、大久保利通とその時代を理解する上でお薦めできる良書です。 選挙のたびに報道各社からアンケートが来ますが、そこに「尊敬する政治家」という質問がよくあります。この手の質問は ….. 続きを読む

暮らしと経済

世界では「砂糖税(sugar tax)」を導入する動きが広がっています。WHO(世界保健機関)は、肥満や糖尿病などのリスクを減らすため、砂糖を多く含む飲料への課税(taxes on sugar-sweetened beverages:SSBs)を推奨しています。国によってはフィン ….. 続きを読む

平和と外交

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は、2022年8月31日に新疆ウイグル自治区の人権侵害について報告し、世界の注目が集まっています。前々からウイグル人や新疆ウイグル自治区に興味があったこともあり、最近出た「新疆ウイグル自治区」(中公新書)を読みました。なお、著者の熊倉潤氏(法 ….. 続きを読む

平和と外交

経済学者のトマ・ピケティ氏といえば「21世紀の資本」で一世を風靡しましたが、ロシアへの経済制裁についておもしろい提案をしています。ポイントは「ロシア国民全体を経済制裁の対象にするのではなく、富裕層にターゲットを絞って経済制裁を行う」という点です。 そろそろ新しいタイプの制裁を考案 ….. 続きを読む

子どもと教育

経済学者の野口悠紀雄氏の「円安が日本を滅ぼす」という本におもしろいデータがありました。東京大学における農学部のウェイトが非常重いそうです。特に大学院に限っては東大全体の一割近くが農学部だそうです。 日本の国内総生産に占める農業の割合は0.9%で、総就業者に占める農業従事者の割合は ….. 続きを読む

平和と外交

国際政治の分野で「ソフトパワー」という言葉が使われるようになったのは、ここ三十年くらいのことでしょうか。国家安全保障会議議長や国防次官補を歴任したハーバード大学のジョセフ・ナイ教授が「ソフトパワー」という概念を提唱して、一気に世界中に広まりました。 「ソフトパワー」の対義語は、「 ….. 続きを読む

山内康一ブログ 『 蟷螂の斧 』

イギリスの保守党の党首選挙を見ていて思うのは、 (1)イギリスは今でも良い意味で「帝国」であり、 (2)保守党がちっとも保守的ではない、 ということです。   日本語で「帝国」というとネガティブなイメージかもしれません。しかし、塩野七生風にいえば、ローマ帝国の強さは、植 ….. 続きを読む

個人情報保護方針

© Copyright 2020 山内康一