立憲民主党

暮らしと経済

暮らしと経済

安倍総理は「アベノミクスのおかげで名目GDPが50兆円増えた」という趣旨のことを選挙演説で言ってました。これはおおむね正しいです。しかし、“名目GDP”が増えたところで、実質賃金は上がっていません。円安誘導で物価が上がっているので、名目賃金が上がっても、実質賃金が下がっています。 ….. 続きを読む

暮らしと経済

立憲民主党は3月9日をめどに国会に「原発ゼロ基本法案」の提出を予定しております。その骨子案ができ、市民の皆さんのご意見を募集しております。まずは「原発ゼロ基本法案」の内容をご覧いただき、その上でご意見がある方はふるってご連絡ください。詳しくは以下のサイトへアクセスをお願いいたしま ….. 続きを読む

暮らしと経済

立憲民主党は衆院選公約で「原発ゼロ基本法の策定」を掲げました。さっそく今国会に議員立法の「原発ゼロ基本法」を提出する予定です。 その法案の骨子ができあがりましたので、それについて国民の皆さまの声を聴き、法案の最終案に反映させるため、全国でタウンミーティングを開催しております。ふる ….. 続きを読む

暮らしと経済, 社会と市民活動、NPO

立憲民主党は1月召集の通常国会で「原発ゼロ基本法案」を提出する予定です。西日本新聞の今朝(1月8日)の朝刊で骨子がわかりやすくまとめてありました。概要は以下の通りです。 ・2030年までにすべての原子炉廃止を目標 ・電力会社の廃炉を国が支援 ・原発立地地域の雇用創出や地域振興を国 ….. 続きを読む

暮らしと経済

最近出た野口悠紀雄氏の「異次元緩和の終焉」(日本経済新聞出版社、2017年)という本を読み、アベノミクスの1本柱である異次元金融緩和を怖いと思いました。 私自身も安倍政権誕生以前には、ある程度の金融緩和は必要だと思っていました。しかし、こういうカンフル剤のような政策は、始めるタイ ….. 続きを読む

暮らしと経済

1.アベノミクスを検証する 安倍政権がこの4年10か月進めてきた経済政策をふり返って考えてみます。少し前ですが、日本経済新聞のアベノミクス検証記事(2017年6月10日朝刊)を引用しながら、安倍政権の経済政策を評価し、「ポスト・アベノミクス」を考えます。 同記事の見出しは「アベノ ….. 続きを読む

暮らしと経済

立憲民主党は「1日も早く原発ゼロへ」という公約をかかげ、民進党の「2030年代原発ゼロ」よりも踏み込みました。原発が安全でないことは周知の事実ですが、低コストでないことも明らかになってきました。世界では原発の新設は減りつつあり、いま世界では「自然エネルギー革命」と呼んでよい大きな ….. 続きを読む

個人情報保護方針

© Copyright 2020 山内康一