山内 康一

CO2排出ゼロ社会は可能か?

スウェーデンの15歳の女の子が「CO2排出をゼロに」と言っても「そんなのムリだろう。」と思われる方も多いかもしれません。しかし、同じことを根拠を示しながら東京大学第28代総長が言うと「なるほど!」と思われるかもしれません。

先日、党の勉強会に科学技術振興機構の低炭素社会戦略センター長の小宮山宏先生(元東大総長)をお招きして講演を聴きました。十数年前にも小宮山先生の講演を聴いた記憶があるのですが、当時より技術革新と技術の低価格化が進み、より説得力が増したように感じました。小宮山先生のお話しがたいへん興味深かったので、小宮山先生が語る「CO2排出ゼロ社会を実現する道筋」をご報告させていただきます。

世界では太陽光発電、風力発電、リチウムイオン電池の低価格が進んでいます。例えば、最新鋭の太陽光発電施設のコストは10年間で10分の1になりました。同じくリチウムイオン電池の価格も10年間で10分の1になりました。すでに自然エネルギーは原子力発電より大幅に安くなっています。火力発電よりも安いです。残念ながら日本では自然エネルギーの低価格化が遅れていますが、そのうち世界標準に近づくことでしょう。 — 続きを読む —

子どもと教育

教育を考えるシリーズ(最終回):民主主義と教育

教育を考えるシリーズの第6弾です。これで最終回で、いちばん主張したいポイントです。朝日新書「リベラルは死なない」からの抜粋です。 ―――――――――――――――――― 教育行政、教育と政治の適切な距離 本章で考えてきた教育...
子どもと教育

教育を考えるシリーズ(5):教育への過剰な期待

教育を考えるシリーズの第5弾です。朝日新書「リベラルは死なない」からの抜粋です。 ―――――――――――――――――― 教育への過剰な期待〜「何に力を入れないか?」という観点 日本人は「教育好き」といってよいだろう。社会の...