立憲民主党

ブログ


経済学者の野口悠紀雄氏の「円安が日本を滅ぼす」という本におもしろいデータがありました。東京大学における農学部のウェイトが非常重いそうです。特に大学院に限っては東大全体の一割近くが農学部だそうです。 日本の国内総生産に占める農業の割合は0.9%で、総就業者に占める農業従事者の割合は ….. 続きを読む

国際政治の分野で「ソフトパワー」という言葉が使われるようになったのは、ここ三十年くらいのことでしょうか。国家安全保障会議議長や国防次官補を歴任したハーバード大学のジョセフ・ナイ教授が「ソフトパワー」という概念を提唱して、一気に世界中に広まりました。 「ソフトパワー」の対義語は、「 ….. 続きを読む

イギリスの保守党の党首選挙を見ていて思うのは、 (1)イギリスは今でも良い意味で「帝国」であり、 (2)保守党がちっとも保守的ではない、 ということです。   日本語で「帝国」というとネガティブなイメージかもしれません。しかし、塩野七生風にいえば、ローマ帝国の強さは、植 ….. 続きを読む

ちょっとマニアックな雑誌ですが、「国際開発ジャーナル」(国際開発ジャーナル社)の2022年7月号の明日香壽川教授(東北大学)の寄稿文がおもしろかったです。 タイトルは「気候危機とグリーン・ニューディールという希望」です。なお、明日香教授には「グリーン・ニューディール」(2021年 ….. 続きを読む

私が執筆した「持続可能な社会ビジョン」シリーズの第7弾で最終回です。分断された社会を修復するための政治について書きました。参院選の展開を見ていると、分断がさらに大きくなりそうな気配で残念ですが、ご一読いただければさいわいです。 – – – &# ….. 続きを読む

基本政策


めざす社会像

  • すべての人が排除されることなくともに支えあう社会
  • 自然と人が共生し持続可能でゆたかな社会
  • 格差や貧困の少ない公正な社会
  • 多様な文化や価値観が共生し平和で寛容な国際社会

  • ... 続きを読む

子どもにやさしい社会

子どもの貧困は、子どもには責任がありません。たまたま生まれた家庭が貧しかったがゆえに、十分な教育を受ける機会を奪われるのを防ぐのが、政府の重要な役割です。親の所得格差を子どもの教育格差につなげないように、公教育に力を入れます。
... 続きを読む

未来の世代につけを残さない政治

膨大な国の借金、不十分な少子化対策、インフラ老朽化、原発問題等、さまざまな問題を先送りしてきたツケは、未来の世代が背負います。人口も経済も右肩上がりの高度経済成長期の発想から脱却し、子や孫の世代の負担を増やし続けている現状を、一日も早く変えなくてはいけません。
... 続きを読む

尊厳ある生活保障で安心社会

世界中で格差の拡大が進む中で「一億総中流」と言われた日本も変わりました。放置すれば、所得格差、教育格差、地域格差、あるいは若い世代の「意欲格差」は広がるばかりです。格差の拡大は、社会を不安定にして、個人の幸せにも悪影響を与えます。
... 続きを読む

未来への投資と持続可能な社会

持続可能な社会に向けて、未来への投資は重要です。人口が減少しても、一人当たりの生産性を高めれば、豊かな社会を維持することは可能です。人口という「量」が減る中で、教育訓練や科学技術に投資して人材の「質」を高めます。
... 続きを読む

国際社会の平和と安定

二度と戦争を起こさないこと、平和を守ること。これこそ国政の最重要課題ではないでしょうか。戦争を起こさないためには何をすべきか(あるいは何をすべきでないか)を真剣に考え、世界の平和と安定に貢献する国を目指します。
... 続きを読む

個人情報保護方針

© Copyright 2020 山内康一