山内 康一

上智大学「人間の安全保障と平和構築」講演概要

去る5月14日に上智大学の連続講座「人間の安全保障と平和構築」でゲストスピーカーとして講演させていただきました。その時の講演内容の概要が上智大学のホームページに掲載されましたので、お読みいただければさいわいです。

第2回 「人間の安全保障と平和構築」 2019年5月14日      実施報告 | ニュース | 上智大学 Sophia University
上智大学公式サイト。大学の概要や教育プロ...

講演の概要を読むと、私の言ったことと微妙にちがうところがあり、記録者の方が言葉足らずのところを想像力で補った形跡がありました。どうやら私の講演は、説明不足のところが多いようで、そこに言葉を足して補ってくれた様子がうかがえます。世の中には「説明が丁寧すぎる人」と「説明が足りない人」の2種類がいますが、私は間違いなく後者に属するようです。気をつけなくては。

暮らしと経済

歴史はくり返す:日本銀行の「失敗の本質」

クイズです。次の文章は、いつ書かれたものでしょう? (問)国債がこんなに激増して財政が破綻する心配はないか。 (答)国債がたくさん増えても全部国民が消化する限り、少しも心配は無いのです。国債は国家の借金、つまり国民全体の借金ですが、...
平和と外交

ノルマンディー上陸の日に思う「実学としての歴史」

本日(6月6日)は第二次世界大戦中1944年にノルマンディー上陸作戦が行われた日です。トランプ大統領がイギリスで開かれた上陸作戦75周年の式典に出席したニュースを見て、ふと思ったことがあります。 おそらく多くの日本人は「ナチスドイツを...