山内 康一

本日発令の緊急事態宣言について

いよいよ本日、政府が新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための緊急事態宣言を発令することになりました。医療崩壊を防ぎ国民の生命を守るためにはやむを得ない措置であり、緊急事態宣言発令という政府判断を支持します。立憲民主党はもっと早く緊急事態宣言を出すべきと主張してきたので、むしろ遅かったともいえます。

今回の緊急事態宣言は、3月13日に改正された新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づいて発令されます。民主党政権時代に成立した現行法でも適用可能でしたが、政府が「改正」にこだわったため、改正することになりました。立憲民主党はメンツを捨てて改正案に賛成し、緊急事態宣言の発令が可能となりました。もちろん私も改正案に賛成しました。

議論の過程では私権の制限について問題視する声もあり、一部の野党議員が改正案に反対しました。私権の制限が行き過ぎると、専制国家への道を進む可能性があるので、慎重な意見があるのは当然のことです。日本やドイツのように戦前に軍国主義的専制国家を生んだ国では、私権の制限や人権侵害に対して敏感なのは理解できます。今回反対した議員の皆さんのご指摘には耳を傾ける必要があるし、行き過ぎた私権制限の危険性を認識しつつ、慎重に法を執行する必要があると思います。反対した議員の皆さんの見識に敬意を表します。 — 続きを読む —

日々の雑感、書評

コロナ対策会議の尾身茂副座長の思い出

新型コロナウイルス感染対策専門家会議の報道で医師の尾身茂先生のお名前をしばしば見かけます。対策会議の提言や報告はもちろん重大関心事ですが、尾身先生のお名前を見てなつかしくなりました。尾身先生は新型コロナウイルス対策専門家会議の副座長をされて...
日々の雑感、書評

お薦めの本:佐藤賢一著『ドゥ・ゴール』

自宅待機中の読書にぴったりの本をご紹介させていただきます。「コロナ危機でたいへんな時に能天気なことを書くのは不謹慎だ」みたいなことを言われたこともありますが、危機的な状況だからこそ心の余裕が大切です。労働団体の方に聞いたら、コロナ危機がはじ...