立憲民主党

ブログ


私の書いた「持続可能な社会ビジョン」シリーズの第4弾です。何十年も前から環境と経済の両立が訴えられてきましたが、そろそろ手遅れに近づいています。個人的には経済を犠牲にしても環境を守らざるを得ない時代だと思いますが、党の文書としてそこまでは踏み込めませんでした。環境によいこと、倫理 ….. 続きを読む

私が執筆した「持続可能な社会ビジョン」シリーズの第3弾です。教育や職業訓練などの「人への投資」について書きました。大学院で教育政策を専攻した私にとっては思い入れのある部分です。 – – – – – – &#8 ….. 続きを読む

私が執筆に関わった「持続可能な社会ビジョン」のご紹介の第2弾です。「税とは政治である」としばしば言われます。イギリスの議会制度の発達もアメリカ独立戦争もきっかけは税でした。 なお、立憲民主党の参院選公約のひとつの消費税減税については一切ふれておりません。「持続可能な社会ビジョン」 ….. 続きを読む

私が今年1月から5月まで立憲民主党本部で取り組んだ「持続可能な社会ビジョン」ですが、参院選でもあまり注目されていません。 単に書いただけで、ほとんど読まれない提言になってしまったようです。私にとっては5か月間かけてまとめた文章だけに、「不憫なわが子」という感じです。 かわいそうな ….. 続きを読む

関西大学の宇都宮浄人教授が提唱する「交通まちづくり」というアプローチがおもしろいのでご紹介させていただきます。なお、宇都宮教授の著書は、だいぶ前に読んだ「鉄道復権」(新潮選書)も、ついさっき読み終わった「地域再生の戦略」(ちくま新書)もおもしろいです。 宇都宮教授によると、地方都 ….. 続きを読む

基本政策


めざす社会像

  • すべての人が排除されることなくともに支えあう社会
  • 自然と人が共生し持続可能でゆたかな社会
  • 格差や貧困の少ない公正な社会
  • 多様な文化や価値観が共生し平和で寛容な国際社会

  • ... 続きを読む

子どもにやさしい社会

子どもの貧困は、子どもには責任がありません。たまたま生まれた家庭が貧しかったがゆえに、十分な教育を受ける機会を奪われるのを防ぐのが、政府の重要な役割です。親の所得格差を子どもの教育格差につなげないように、公教育に力を入れます。
... 続きを読む

未来の世代につけを残さない政治

膨大な国の借金、不十分な少子化対策、インフラ老朽化、原発問題等、さまざまな問題を先送りしてきたツケは、未来の世代が背負います。人口も経済も右肩上がりの高度経済成長期の発想から脱却し、子や孫の世代の負担を増やし続けている現状を、一日も早く変えなくてはいけません。
... 続きを読む

尊厳ある生活保障で安心社会

世界中で格差の拡大が進む中で「一億総中流」と言われた日本も変わりました。放置すれば、所得格差、教育格差、地域格差、あるいは若い世代の「意欲格差」は広がるばかりです。格差の拡大は、社会を不安定にして、個人の幸せにも悪影響を与えます。
... 続きを読む

未来への投資と持続可能な社会

持続可能な社会に向けて、未来への投資は重要です。人口が減少しても、一人当たりの生産性を高めれば、豊かな社会を維持することは可能です。人口という「量」が減る中で、教育訓練や科学技術に投資して人材の「質」を高めます。
... 続きを読む

国際社会の平和と安定

二度と戦争を起こさないこと、平和を守ること。これこそ国政の最重要課題ではないでしょうか。戦争を起こさないためには何をすべきか(あるいは何をすべきでないか)を真剣に考え、世界の平和と安定に貢献する国を目指します。
... 続きを読む

個人情報保護方針

© Copyright 2020 山内康一