立憲民主党

ブログ


実家の書庫から20年以上前に出版されたアマルティア・セン著「自由と経済開発」を引っぱり出して読み直してみました。データなどは古くなっていますが、考え方はいまでも新鮮です。 アマルティア・センは1998年にノーベル経済学賞を受賞した経済学者ですが、「民主主義国では飢饉は起きない」と ….. 続きを読む

年末年始のお休み中にジェフリー・アーチャー著「めざせダウニング街10番地」を読み返しました。書名の「ダウニング街10番地」はイギリスの首相官邸の所在地です。首相をめざす下院議員の3人の人生を描いた小説です。 この本は実家の本棚に1冊、東京の家に1冊持っていて、すでに所有していたの ….. 続きを読む

今年の初仕事は、私がむかし働いていたNGOの関係者を、知り合いの企業経営者の方に紹介するという「仕事」でした。「仕事」といっても報酬が出るわけではありません。なので、「仕事」と呼べるのかは若干疑問です。ボランティア活動と言った方がよいのかもしれませんが、とりあえず「初仕事」とみな ….. 続きを読む

思えばブログを書きはじめてから16年ほどになります。前回落選時の2015年春から2016年春まで一時的に中断しましたが、その後復活して今にいたります。 べつに趣味でブログをはじめたわけではありません。新人候補として衆議院選挙に立候補するにあたり、広報活動の一環としてブログをはじめ ….. 続きを読む

福岡3区の地元事務所を閉めました。約6年お世話になった事務所を片づけ、残った2人のスタッフともお別れしました。敗戦処理も一段落です。あとは政治資金報告を済ませたり、銀行口座を閉めたりといった事務作業が少し残っているだけです。 思えばこの2か月はずっと「撤退戦」という感じでした。選 ….. 続きを読む

基本政策


めざす社会像

  • すべての人が排除されることなくともに支えあう社会
  • 自然と人が共生し持続可能でゆたかな社会
  • 格差や貧困の少ない公正な社会
  • 多様な文化や価値観が共生し平和で寛容な国際社会

  • ... 続きを読む

子どもにやさしい社会

子どもの貧困は、子どもには責任がありません。たまたま生まれた家庭が貧しかったがゆえに、十分な教育を受ける機会を奪われるのを防ぐのが、政府の重要な役割です。親の所得格差を子どもの教育格差につなげないように、公教育に力を入れます。
... 続きを読む

未来の世代につけを残さない政治

膨大な国の借金、不十分な少子化対策、インフラ老朽化、原発問題等、さまざまな問題を先送りしてきたツケは、未来の世代が背負います。人口も経済も右肩上がりの高度経済成長期の発想から脱却し、子や孫の世代の負担を増やし続けている現状を、一日も早く変えなくてはいけません。
... 続きを読む

尊厳ある生活保障で安心社会

世界中で格差の拡大が進む中で「一億総中流」と言われた日本も変わりました。放置すれば、所得格差、教育格差、地域格差、あるいは若い世代の「意欲格差」は広がるばかりです。格差の拡大は、社会を不安定にして、個人の幸せにも悪影響を与えます。
... 続きを読む

未来への投資と持続可能な社会

持続可能な社会に向けて、未来への投資は重要です。人口が減少しても、一人当たりの生産性を高めれば、豊かな社会を維持することは可能です。人口という「量」が減る中で、教育訓練や科学技術に投資して人材の「質」を高めます。
... 続きを読む

国際社会の平和と安定

二度と戦争を起こさないこと、平和を守ること。これこそ国政の最重要課題ではないでしょうか。戦争を起こさないためには何をすべきか(あるいは何をすべきでないか)を真剣に考え、世界の平和と安定に貢献する国を目指します。
... 続きを読む

個人情報保護方針

© Copyright 2020 山内康一