山内 康一

イギリス労働党マニフェスト2019を読んで

いまイギリスでは総選挙が行われているので、労働党の2019年マニフェストを読んでみました。現地ではマニフェストが本になったものが、たぶん700~1000円くらいで本屋で売っていると思います。2017年の労働マニフェストはネットで購入して手元にあるのですが、2019年のマニフェストは労働党ホームページからダウンロードして印刷して読みました。今回の労働マニフェストは105ページです。前回の総選挙のものは124ページでした。全部読み通すにはちょっと時間がかかります。

労働党マニフェスト2019の表紙のキャッチコピーは翻訳すると「今こそ本物の変化のとき」というものでした。原語は「IT’S TIME FOR REAL CHANGE」です。前回マニフェストの「一部の人のためではなく、多くの人のために(FOR THE MANY,  NOT THE FEW)」の方が良かったと個人的には思います。

選挙公約の一番の柱は「緑の産業革命(Green Industrial Revolution)」です。労働党は今回の総選挙を「気候選挙(the climate election)」でもあると述べ、気候変動対策をトップに持ってきました。「気候の危機(climate emergency)」と呼び、再生可能エネルギーの普及、鉄道や電気自動車への投資、住宅のエネルギー効率改善を重視します。とても好感が持てます。立憲民主党もみならうべきだと思います。 — 続きを読む —

政治の動きと分析

マインド・コントロール予防にお薦めの本

ポピュリズム政治の極端な例は、ヒトラーのナチスドイツだと思います。大衆的な熱狂というのは、ある意味で大衆的なマインド・コントロールです。ポピュリズム政治を理解するには、マインド・コントロールを理解することが大切だと思います。そこでマインド・...
平和と外交

中曽根康弘元首相の言葉

中曽根康弘元首相がお亡くなりになりました。ひとつの時代を築いた政治家だったと思います。心からご冥福をお祈り申し上げます。もちろん中曽根元首相のすべての政策や政治的言動を支持するわけではありませんが、立派な発言を多く残されています。中曽根元総...