山内 康一

安倍長期政権について御厨貴氏のコメント

安倍政権の在任期間が史上最長になり、いろんな人がコメントしています。いちばん印象に残ったのが、日本政治史の御厨貴東大名誉教授のコメントです。東京新聞の御厨教授のインタビュー記事から一部抜粋します。

Q.長期化の理由は。

A.代わりがいないのが秘訣だ。(中略)首相が政治的な技術に卓越しているとは、あまり思えないが、自民党は派閥機能低下で強力な総裁候補がいないし、野党は分裂して八方ふさがりだ。

Q.政権の実績は。

A.経済政策で政権奪還したが、アベノミクスも成功したか分からない。何かを動かしている「やっている感」を出している。ただ、大きな失点はない。日米同盟が悪化していないのは成果だろう。

*東京新聞2019年11月19日朝刊

御厨貴氏の本は何冊も読んでいますが、どちらかといえば自民党寄りの印象を持っていました。週刊誌の対談でもいつも野党に厳しいコメントする方です。その御厨氏がここまで安倍政権に辛らつなコメントをするとは思いませんでした。 — 続きを読む —

暮らしと経済

CO2排出ゼロ社会は可能か?

スウェーデンの15歳の女の子が「CO2排出をゼロに」と言っても「そんなのムリだろう。」と思われる方も多いかもしれません。しかし、同じことを根拠を示しながら東京大学第28代総長が言うと「なるほど!」と思われるかもしれません。 先日、党の...
子どもと教育

教育を考えるシリーズ(最終回):民主主義と教育

教育を考えるシリーズの第6弾です。これで最終回で、いちばん主張したいポイントです。朝日新書「リベラルは死なない」からの抜粋です。 ―――――――――――――――――― 教育行政、教育と政治の適切な距離 本章で考えてきた教育...