山内 康一

定年延長と米国防総省の“ヨーダ”

安倍政権の政策のなかにも時々はまともな政策もあります。現政権が、国家公務員の定年を60歳から65歳に延長する法律案を準備しているとの報道がありました。まともな政策だと思います。60歳以後の給与を減らすといった点は気になりますが、方向性はおおむね正しいと思います。

日本では定年の年齢は、1970年代までは55歳が主流で、1980年代に60歳に引き上げられました。平均寿命と健康寿命が伸びている現在では、定年を65歳とか70歳に引き上げるのは当然だと思います。

国会では45歳の私でも「若手議員」と呼ばれることがあります。60歳代の国会議員はざらにいて、70歳代でも大臣や幹事長の激務をこなしている人がたくさんいます。 — 続きを読む —

平和と外交

トランプ大統領にノーベル平和賞?

安倍総理がノーベル平和賞選考機関にトランプ大統領を推薦したとの報道がありました。このニュースを見て怒りを覚えました。事実だとすれば、驚くべき事件です。ブラックジョークにしか思えません。 この報道が事実だと仮定すれば、安倍総理のトランプ...
社会と市民活動、NPO

私の骨髄バンク歴

競泳女子日本代表で東京オリンピックの金メダル候補の池江璃花子選手が白血病であることを公表しました。桜田大臣発言は論外として、池江さんを応援したいという声があちこちから上がり、白血病の治療に役立つ骨髄バンクへの関心が高まっているのはよいことだ...