山内 康一

委員会の「附帯決議」について

衆議院の委員会における法案の採決のときに「附帯決議」というのを付けることがあります。法案の条文だけでは不十分だと思われる点を補ったり、政府に対して行動を促すといった時に附帯決議を付けます。

委員会の採決においては、最初に法案の賛否を問い、その後に付帯決議の賛否を問います。附帯決議が付けられる法案もあれば、付けられない法案もあります。

多くの場合、附帯決議は各会派(政党)の全会一致で付けられます。逆にいえば、全会一致でない場合には、あまり附帯決議は付きません。

附帯決議が議決されるまでの手続きの流れは以下の通りです。 — 続きを読む —

国会だより:衆議院議員の仕事

なんでも内閣委員会

先日(11月30日)の日本経済新聞朝刊に「『なんでも内閣委』続く渋滞:法案審議 先送り」というやや大きめの記事が載りました。同記事によると; 内閣官房や内閣府の肥大化に伴い、法案が集中する衆参両院の内閣委員会。臨時国会でも法案が山積し、1...
政治の動きと分析

NHK「政治マガジン」にインタビュー記事掲載

NHKの「政治マガジン」というサイトにインタビュー記事が掲載されました。2018年11月28日付の「のるかそるか、野党の戦略」という特集記事です。 政策コミュニケーション局長として取材を受け、こちらの言いたいことをコンパクトにまとめて...