排他的ナショナリストの作り方

佐藤優さんが対談本でナショナリストについて語っていた表現がおもしろかったので、ご紹介させていただきます。

ナショナリストとして認められるためには、面倒な努力が一切、必要ありません。排外主義集団のデモに加わって、「日本は侮辱されている!」とか、「韓国人・中国人を日本から叩き出せ!」などと叫び、旭日旗を振り回したり、日の丸の手旗を振ったりすれば、それだけで立派なナショナリストです。テレビも取材に来るし、仲間たちからもほめられる。つまり、受験勉強する必要も、論文を書く必要もない。お金もかからない。ただ大声でわめき散らすだけで、だれでもすぐに「社会的な地位の上昇」が実感できるわけです。これは、なんの試算も才能もなく、これまで社会に認められたことがなかった人にとっては、たまらない快感だと思います。(中略)

しかも、そういうことを繰り返していくうちに、インターネットテレビの右翼番組の出演依頼が来たりして、少しはお金も稼げるようになります。隣国の民族を侮辱する言葉を怒鳴り散らすことで、食べていけるようになるのです。この仕組みの中にうまくハマると、無一文だった無名の青年が、職業的ポピュリスト、職業的ナショナリスト、職業的扇動家になってしまうのです。

学問的修養も厳しい訓練も必要なく、たんに声高に中国や韓国の悪口をわめいていたら、かんたんに「職業的ポピュリスト、職業的ナショナリスト」になれるというのは、興味深い指摘です。

批判的精神や自省心は、排他的ナショナリストになる上で邪魔にしかなりません。哲学を学んで「すべてを疑う」人、あるいは、社会科学を学んで「批判的・客観的に見る」人は、職業的ナショナリストには向きません。

無名の売れない絵描きだったヒトラーが扇動家として成功し、ついにはドイツを支配し、世界制覇を目指して世界を塗炭の苦しみに追い込みました。

そこまでの大物ではなくても、この手の促成栽培の安手の職業的ナショナリストがユーチューブで稼いでいたり、浅薄な本を出版していたりします。衆議院にもその手の人物はいます。不思議なことに中国・韓国に反感を持つ人は、LGBTにも反感を持つ傾向があります(某女性議員のように)。

長いですが、ジョージ・F・ケナンの言葉も引用します。

世論あるいは世論として通用しているものは、政治のジャングルの中でいつも鎮静剤の役割を果たすとは限らないことである。(中略)世論といわれているものが、しばしば大衆の意見を全然代表せずに、政治家、評論家およびあらゆる種類の宣伝家など、(中略)非常に騒がしい少数の連中の利益を代弁しているのではないかと思う。この種の人びとは、軽率なまた盲目的愛国心をあおるようなスローガンに逃げ道を求める。というのは、それ以外のことを理解する能力をもたないからであり、これらのスローガンを掲げる方が短期的な利益を得るためにはより安全であるからであり、さらにまた、真理というものは複雑で、決して人を満足させず、ジレンマに充ちており、常に誤解され濫用されやすいものなので、観念の市場で競争するには往々にして不利な立場に立っているからである。短慮と憎悪に基づく意見は、常に最も粗野な安っぽいシンボルの助けをかりることができるが、節度ある意見というものは、感情的なものに比べて複雑な理由に基づいており、説明することが困難なような理由に基づいている。そこで、盲目的愛国主義者というものは、いついかなる場所を問わず、己が命ずる道を突進してゆくだけであり、安易な成果をつみとり、他日誰かの犠牲においてその日限りの矮小な勝利を刈り取り、それをさえぎる者は誰であろうと大声で罵倒し、人類の進歩を待望しながら傍若無人の踊りをおどって、民主的制度の妥当性に大いなる疑惑の影をなげかけるのである。そして人びとが、大衆の感情を扇動したり、憎悪、猜疑および狭量の種を播くこと自体を犯罪として、おそらく民主的政府擁護に対する最悪の裏切り行為として、摘発することを学ばない限り、このようなことは、今後も引き続いて起こるであろう。

安っぽい排他的ナショナリズムをあおることは、民主主義に対する裏切り行為であり、民主主義を破壊する行為だといえます。安手の排他的ナショナリストを政治家にしてはいけません。その前にまず立候補させてはいけないと強く訴えたいと思います。

*参考文献:
(1)佐藤優、金惠京 2018年『北東アジア市民圏構想』第三文明社
(2)ジョージ・F・ケナン 2000年「アメリカ外交50年」岩波現代文庫

関連記事

  • あこがれの人とUNICEF勉強会で再会あこがれの人とUNICEF勉強会で再会 先日、国会内で開かれたUNICEF議員連盟とUNICEF東京事務所の共催の「ロヒンギャ危機:ミャンマーとバングラデシュの最前線から」という勉強会に参加しました。ロヒンギャ問題には […]
  • ブルームバーグに初登場:日韓関係についてブルームバーグに初登場:日韓関係について 先日、ブルームバーグの記者に電話取材を受けてコメントしたら、2019年9月5日配信の記事にちょっと私の発言が引用されました。日韓の関係悪化についての次のコメントです。 一方、立 […]
  • 対イラン有志連合に参加しなくてよい理由対イラン有志連合に参加しなくてよい理由 国務省等に勤務したヤクブ・グリギエル教授とトランプ政権で国務次官補を務めたA・ウェス・ミッチェル氏が、米国の安全保障政策について書いた「不穏なフロンティアの大戦略」という本を読み […]