ブルームバーグに初登場:日韓関係について

先日、ブルームバーグの記者に電話取材を受けてコメントしたら、2019年9月5日配信の記事にちょっと私の発言が引用されました。日韓の関係悪化についての次のコメントです。

一方、立憲民主党の山内康一政調会長代理は、長引く日韓対立について「両国の政治が変わらない限り、すぐには関係改善は難しい」との見方を示す。共に「内政に引っ張られて外交がだめになっているという意味で非常に似ている」とした上で、「日本と韓国が悪い関係になって喜ぶのはどの国かというのを考えないといけない」とも語った。

「丁寧な無視」が日韓修復の第一歩、クールダウンをー小野寺前防衛相
自民党の小野寺五典・安全保障調査会長(前防衛相)は、悪化した日韓関係について「少しクールダウンする時間が必要だ」と考えている。韓国側の言動には「丁寧な無視をしながら、元に戻っていくということからスタートするしかない」と述べ、日本側は冷静な対応が必要との認識を示した。4日のインタビューで語った。

他にもいろんなことを言ったのですが、使われたのはこの部分でした。これまでブログで発信してきた通り、「日韓両国の政権が国内世論を意識して相手国をたたくという行動パターンを取り続ける限り、日韓関係は改善しない。冷静で慎重な対応が求められる。」という趣旨の説明をしました。

米国ブルームバーグの取材を初めて受けましたが、記者の方はブログを読んで連絡をしてきたそうです。こういうこともあるから、地道にブログを書いていてよかったです。日韓関係を改善するため自分にできることを地道に続けていこうと思います。

関連記事

  • 安倍外交の勘違い安倍外交の勘違い 2019年8月27日付読売新聞朝刊に早稲田大学のデイビッド・レーニー教授のインタビュー記事が載っていました。読売新聞なので基本的には安倍政権支持の論調であり、同教授も基本的には安 […]
  • 参院選対策としての韓国向け輸出規制参院選対策としての韓国向け輸出規制 慶応大学の小林良彰教授が選挙直前に全国の有権者3,000人を対象に行った意識調査によると、今回の参院選では経済問題は投票行動にあまり影響を与えず、むしろ日米関係、日韓関係などの外 […]
  • 日本と韓国の出版事情のちがい日本と韓国の出版事情のちがい 徴用工問題などで日韓関係は悪化しています。しかし、政治・外交的に関係が悪化していても、その他の面では交流は続いています。二国間である問題が生じたからといって、二国間のすべての交流 […]