テレビの出演者の決まり方

突然決まったことですが、本日(6月19日)20時からBSフジの「プライムニュース」という番組に生出演することになりました。

今日は、討論番組やニュース番組に各党の議員が出演する時に「どうやって出演者が決まるのか」という過程(プロセス)について書かせていただきます。出演依頼のルートは次の2つです。

 

1.党の広報部門へ公式に要請がある場合

1)テレビ局の制作担当者から党の広報担当者に電話で依頼があり、番組の企画や出演者について書かれたFAXが入ります。

2)次に党の広報担当者が、どの議員がふさわしいかを考え、役職(肩書)と専門性、テレビ受け等を勘案して、スケジュール調整をスタートします。

3)特に重要な番組(NHK日曜討論等)は、党幹部(代表、幹事長、政調会長、国対委員長)を軸に検討します。NHK日曜討論の場合は、先方から役職しばり(幹事長のみとか、国対委員長のみとか)で要請があります(他党との横並びのため)。

4)BSの討論番組の場合は、代表や幹事長が出ることは滅多になく、政調会長以下のその分野に詳しい中堅議員に出演を打診します。

5)政調会長の都合がつかなかったり、その分野の専門家の議員がいない場合には、幹事長代理や政調会長代理が「何でも屋」として呼ばれます。私のような政調会長代理は「代理」というだけあって、野球でいうなら「代打」要員です。スタメンではありませんが、代打で呼ばれるケースがあります。

 

2.テレビ局のディレクターや記者、論説委員等から一本釣りの場合

1)テレビ局の関係者が、自分の知り合いを一本釣りで出演依頼することもあります。

2)知り合いではなくても、役職や年次(当選回数)、日頃の政策的主張などを見て、FAX等で特定の議員を指名して出演依頼することもあります。これも時々あります。

 

3.具体例

さて、本日のBSフジ「プライムニュース」のテーマは、「激突「党首討論」検証 老後2千万円不足問題 参院選控えた展望」というものです。

タイトルだけ見ても、あきらかに生臭い番組です。しかも、まだ行われていない党首討論の内容をふり返りながら、参院選への展望を語るという難しいテーマです。決して出たい番組ではありません。

それでも、党を代表して出ることになってしまった経緯を述べると、今回は上述の「政党の広報担当ルート」と「一本釣りルート」の合わせ技でした。

まず一昨日(月曜日)、番組の司会の反町さん(フジテレビ報道局解説委員長)から携帯に電話がかかってきました。7~8年前にプライムニュースに出たことがあるので、ずいぶん久しぶりでした。反町さんから出演依頼があったのですが、予定が入っていたのでいったん断りました。

断ったので安心していたのですが、翌日(火曜日)にもう一度反町さんからかかってきました。

立憲民主党の広報担当者からも山内さんがいいと言われたので、やはりお願いしたい。

という趣旨の電話でした。あわてていったん電話を切って、広報担当者のSさんに確認したところ;

幹事長代理のI先生も都合がつかないので、山内さん、お願いします。役員室長のA先生からも「山内さんがいいんじゃない」と推薦されました。

との答え。党の内外から逃げ道をふさがれ、やむを得ず出演することになりました。

永田町には「国会議員はテレビに出たがるものだから、テレビ出演の機会をつくってあげよう」という発想の人がいて、親切心からテレビ出演を勧めてくれます。明らかにA室長は、厚意から推薦してくれた様子です。日頃のAさんの態度を見ていればわかります。厚意だけにますます断れません。

しかし、私はテレビ出演は得意ではないので、なるべく避けています。そうはいっても、今回のように役職上は避けられないこともあり、引くに引けなくなってしまうことも時々あります。仕方ないので、全力でがんばります。いちおう念のため告知させていただきます。

*ご参考:BSフジ「プライムニュース」http://www.bsfuji.tv/primenews/index.html

関連記事

  • テレビのインタビューが苦手な理由テレビのインタビューが苦手な理由 私はテレビ出演が苦手です。しかし、役割上、避けて通れません。地元の福岡では立憲民主党の県連代表としてコメントを求められれば、基本的に断れません。また、政調会長代理という立場で、政 […]
  • 統一会派が政権交代へのステップである理由統一会派が政権交代へのステップである理由 立憲民主党、国民民主党、「社会保障を立て直す国民会議」の3つの衆議院内会派が統一会派になることは、実は「政権交代への第一のステップ」と言ってもよいことを数字でお示ししたいと思いま […]
  • 衆議院の統一会派について衆議院の統一会派について 立憲民主党は、8月5日に国民民主党、社会保障を立て直す国民会議、社会民主党に対し、衆議院での統一会派の結成を呼びかけました。私は正しい方向性だと思います。 参院選は与党勝利 […]