新党名は「立憲民主党」で!

民主党と維新の党の合流による新党に関し、政党名が話題です。「名は体を表す」と言いますが、「何を目指す政党なのか」を示すためにも名前は重要です。さらに、参議院選挙(ひょっとすると衆議院選挙も?)が近いです。比例区の投票時に有権者に政党名を書いてもらうので、選挙戦術的にも大事です。

個人的には「民主党」という名前を変える必要はないと思います。すでに定着しているし、愛着のある支持者も多いです。自民党が下野したときにも、自民党内で政党名を変えるべきという意見がありましたが、その声は大きくならず、自民党という名称はそのままで政権復帰しました。それを考えると、政党名を変えるかどうかは本質的な問題ではないと思います。しかし、すでに名称を変えることで組織決定済みですし、政党名を変えることに反対しません。

他方、名称だけ変えても意味がないので、名称と一緒に綱領や規約をより良いものにして、イメージも中身も良くしていく必要があります。同時に「何を目指すか」を明確に示す名称にしてほしいと思います。

私が良いと思う新名称は「立憲民主党」です。党内にもこれを推す人は多いです。「立憲民主党」が良いと思うのは、次の3つの理由です。

1.「立憲主義」の政党であることをわかりやすく示せる。

安倍政権になって憲法改正や安保法制の議論が進み、立憲主義の重要性が広く知られるようになりました。おそらく5年前に「立憲主義」と言っても、法学部出身者以外にはよくわからない用語だったと思います。しかし、いまでは新聞を読んでいる人なら、立憲主義の意味はだいたいご存じだと思います。そして立憲主義が危機に瀕している今こそ、政党名に「立憲」を入れることには意味があります。イメージ戦略としても「立憲主義を守る政党」という打ち出しができます。

2.略称が「民主党」になり選挙対策の観点から有効である。

「立憲民主党」だと略称が「民主党」にできるので、参議院選挙で比例区の投票の際に「民主党」と書く人が多くても、無効票や他党への投票になりません。新しい政党名を支持者に浸透させるのは時間がかかります。参議院選挙まで130日ほどです。従来の「民主党」とかけ離れた政党名だと、周知徹底するのに時間と手間がかかり、選挙戦術として不利です。自民党に選挙で勝つことを理由に新党をつくるのであれば、選挙戦術を軽視するわけにはいきません。政党名に「民主」を残すことは選挙戦術上、不可欠です。

3.「立憲」は由緒正しい言葉であり、キラキラネーム感がない。

日本の政党政治の歴史を振り返ると、「立憲」の名を冠した政党はいくつもあります。戦前の二大政党制を担ったのは「立憲政友会」と「立憲民政党」でした。歴史的な政党にも「立憲」の二文字がついていたことを考えると、「キラキラネーム」感はありません。奇をてらうことは避けた方がよいと思います。カタカナの名前とか、何が言いたいのかわからない政党名(例:太陽の党、フロム・ファイブ)とか、やめた方がいいと思います。そう考えると、「立憲民主党」というのは、耳になじみやすく、きわめて正統派の名称だと思います。

新党の名前は「立憲民主党」がよいと思います。

関連記事

  • イスラエルの戦略的な戦略欠如戦略イスラエルの戦略的な戦略欠如戦略2018年6月18日日本人は「戦略」が好きです。書店に行くと「戦略」というキーワードがタイトルに含まれる書籍が数えきれないほどあります。軍事用語としては、「戦略」「戦術」「戦闘教義(ドクトリン)」と […]
  • 家産制国家化する日本家産制国家化する日本2018年8月17日フランシス・フクヤマ氏の新刊「政治の衰退」から再びです。最初に用語の定義から入りると、「家産制国家」とは「領土や人民などがすべて君主の私有物となされる国家。封建時代の国家、ことに […]
  • 政権交代期待できる状況を政権交代期待できる状況を2018年7月2日毎日新聞(6月29朝刊)の「オピニオン(論点)」欄は「民主主義担う政党とは」という特集を組み、吉田徹教授(北海道大学、比較政治、欧州政治)の「政権交代期待できる状況を」というイン […]