立憲民主党

政治の動きと分析

政治の動きと分析

地元活動をしていると「野党は批判ばかり」という批判を受けます。一部のマスコミも「野党は批判ばかり」という紋切り型の批判をよくします。わが党の支持者からも「立憲民主党は批判ばかりではなく、提案もしたらどうか?」と言われます。これにはいくつか誤解があります。   1.野党の ….. 続きを読む

政治の動きと分析

日本では若い世代の投票率が低く、若者の政治参加が低調です。アメリカで民主党のサンダース大統領候補の躍進の背景に若者の強い支持がありました。世界の気候変動問題のオピニオンリーダーは15歳(当時)のグレタさんでした。香港の民主化運動の中心が若い世代です。世界を見渡すと若者が政治に興味 ….. 続きを読む

政治の動きと分析

自民党のベテラン議員が衆院選不出馬を表明し、その後継に世襲の新人候補が内定する例が相次いでいます。世襲議員のなかにも優秀な政治家はいますが、それでも世襲政治には次の3つの弊害があると思います。 1)親の地盤を引き継ぎ、苦労することなく連続当選できるため、特権意識を持ち「上から目線 ….. 続きを読む

政治の動きと分析

このところ衆議院選挙制度の改革が話題です。2020年国勢調査をもとに小選挙区の「1票の格差」を計算すると、人口が最小の鳥取2区と最多の東京22区では2倍以上の格差があり、「10増10減」の区割り変更が必要です。 大島理森衆議院議長も「選挙制度は変えた方がいい」と発言しています。で ….. 続きを読む

政治の動きと分析

人気のドイツ人哲学者のマルクス・ガブリエルは、ソーシャルメディアと民主主義の関係についてこう言います。 アメリカのソーシャルメディアは自由民主主義を弱体化させる危険なドラッグなのです。自由民主主義の失墜とソーシャルメディアの台頭には相関関係があるだけではなく、ソーシャルメディアが ….. 続きを読む

政治の動きと分析

次の衆議院選挙では自民党が分裂する小選挙区がいくつか出てきそうな気配です。現職の林芳正参議院議員が衆議院への鞍替えをめざし、現職の河村建夫衆議院議員がいる山口3区から立候補を表明しています。他にも自民党現職同士でぶつかる小選挙区も出てくるかもしれません。 このような同じ政党の候補 ….. 続きを読む

政治の動きと分析

ドイツのアンゲラ・メルケル首相に対しては好感を持っていますが、ドイツ人哲学者のマルクス・ガブリエル氏のメルケル評がおもしろかったのでご紹介します。同氏は哲学者の独特の視点でメルケル首相を評価し、「倫理的な政治家」と呼び、次のように言います。 メルケルは数多くの決定的な瞬間において ….. 続きを読む

個人情報保護方針

© Copyright 2020 山内康一