前原代表の「合流」判断について「まな板の鯉」が思うこと

今回の前原代表による「希望の党」への「合流」の決定は、政党のガバナンスとして不当です。前原氏を指して「言うだけ番長」という人がいますが、今回は「不言実行」でした。前原氏は、わずか1か月ほど前の代表選で、「民進党解党」を公約に掲げたでしょうか。記憶にありません。もし民進党解党を公約していたら、党員やサポーターの支持が集まったとは思えません。

そもそも前原代表の9月28日の両院議員総会での説明では、民進党の候補者はそろって「希望の党」へ移るということでした。私自身「希望の党」の政策に賛同していたわけでもなく、抵抗感がありました。それでも民進党全体で「希望の党」に移るのであれば、組織人として従わざるを得ないと思っていました。

しかし、いわゆる「リベラル派」を露骨に「選別」して排除するという説明は受けていません。一連のリベラル派排除の動きは、だまし討ちであり、詐欺的行為です。これでは「合流」というより「吸収」です。前原代表は、自らの党をバラバラに解体して仲間を売り、民主党以来20年の伝統のある党を大安売りしました。

また、民進党を先に離党した細野豪志氏が、民進党候補者の「選別」作業を行っているそうです。離党者に民進党候補者の「選別」を委ねるのも、政党ガバナンスの観点から前代未聞の暴挙です。また、「選別」の基準もよくわかりません。

対する「希望の党」のガバナンスも非民主的です。あちらの党は「情報公開」が公約の柱のようですが、意思決定過程は不透明で、おかしな裏取引で民進党を買収してしまいました。選挙戦が始まる前から公約違反です。

私のような候補者は、「選別」対象になりかねない、「まな板の鯉」です。しかし、「まな板の鯉」にも五分の魂。「まな板の鯉」にも我慢の限界があります。民進党にはお世話になってきて、恩義を感じていましたが、こんな不当な扱いを受け、私の片思いだったことがよくわかりました。たいへん残念です。

私は「安倍政権を倒す」という目標に向かって努力してきましたが、安倍政権を倒した後に小池政権にでもなれば、より陰険で独裁的な非民主的政権になりそうな予感がします。

そもそも民進党は安保法制に反対しました。党の方針として反対しました。細野氏も民進党在籍時は反対していました。「希望の党」の入党の踏み絵で「安保法制に反対の人はダメ」というのでは、ほとんどの民進党議員は自動的にダメということになります。前原代表の説明を聞いて、民進党候補者全員で「希望の党」に移るものだと思っていましたが、こんな踏み絵を踏まされたら、全員移れるはずがありません。子どもでもわかる理屈が、前原さんにはわからないのでしょうか。わかっていてやっているのなら陰険です。

前原さんは代表選でAll for Allといっていましたが、まったくAll for Allではありません。前原さんのやっていることは、リベラル派の切り捨て、党の分断です。排除の論理で仲間を売るのが、All for Allなのでしょうか。

「希望の党」が掲げている政策を見ると、憲法改正や安保法制支持など、自民党の劣化コピーでしかありません。若狭氏が「政権奪取は次の次」と言っています。「希望の党」はやはり自民党の補完勢力です。民進党は、自民党の補完勢力である「希望の党」の補完勢力になり下がってしまいました。民進党が「補完勢力の補完勢力」になり下がるのを見るのはとても悲しいです。私は自民党に対抗する勢力をつくるために全力でがんばります。

関連記事

  • 新しい代表が取りくむべき課題新しい代表が取りくむべき課題 蓮舫代表が辞任し、9月にも新しい代表が誕生することになりました。崖っぷちの民進党をたて直し、国民の信頼を回復するために、新しい代表が取りくむべき課題は多いです […]
  • 安倍総理の自己都合解散は許されるのか?安倍総理の自己都合解散は許されるのか? 河野洋平元衆議院議長は、安倍総理が臨時国会冒頭に衆議院を解散する見込みであることに関し、次のように述べました。 安倍さんは「できるだけ丁寧に国民に説明する」 […]
  • 代表選の結果を受けて代表選の結果を受けて 民進党の新代表を選ぶ臨時党大会が開かれ、前原誠司さんが新代表に決まりました。私が応援していた枝野幸男さんは残念な結果に終わりました。前原新代表には、民進党が自 […]