カンボジアの若手政治家との意見交換(2)

今週、カンボジアの超党派の若手政治家との意見交換会に出席しました。河野太郎外務大臣からのご依頼で、自民党から1人、野党から1人(=私)が、日本の政治の現状などについて説明し、質問に答えました。今年の3月に続いて二度目ということもあり、わりとスムーズに進んだと思います。

*ご参考:2019年3月20日付ブログ「カンボジア若手政治家と意見交換」

カンボジア若手政治家と意見交換
河野太郎外務大臣から頼まれて、外務省の招きで来日したカンボジアの超党派の若手政治家との意見交換会に参加しました。自民党の若手議員がひとりと立憲民主党から私が参加して1時間の意見交換を行いました。 日本は長年カンボジアの内戦後の復興開発...

カンボジアでは政府(与党)が野党を弾圧して、政党を解党させたりという危うい状況にあります。日本政府はそれを心配し、与野党の政治家をグループでいっしょに日本へ招き、与野党の和解につなげようという意図なのだと思います。

政党が異なり、政治的立場が違っても、日本という外国に来て「同じ釜の飯を食う」という体験をすると「同じカンボジア人だ」という意識が芽生えます。パレスチナ問題に関しても、国際NGOなどがイスラエル人とパレスチナ人の交流プログラムを通して和解を試みたりしていますが、それと同じような意図だと思います。

私は安倍外交には批判的ですが、外務省のこのプログラムは評価しているので、よろこんでご協力させていただきました。質疑応答のなかでは、特に弾圧されている野党側の政治家を意識して、次のポイントを強調して説明しました。

1.多数決が正義とは限らない。少数派が間違っているとは限らない。たとえば、米国のイラク戦争やベトナム戦争では、当時の議会多数派の判断が誤っていたことは歴史が証明している。

2.少数派でも勇気をもって発言し、国会の議事録に発言を残すことが大切である。どちらが正しかったかは、歴史が裁く。正しいと思ったら主張し続けることが大切である。

3.日本でも多数派の与党が出す法案は必ず成立する。しかし、反対意見や留意点を国会で表明し、論点を議事録に残すことが大切である。あとで政府与党が間違っていたことを証明できれば、次の選挙で逆転する原動力になる。あきらめずに議論することが大切である。

思いがけないことに、最後に通訳さん(カンボジア人)から「今日は良いお話を聞かせてもらってありがとうございました」と感謝されました。ふつうは通訳さんは陰に徹して自分の意見は言わないものですが、通訳さんが個人的な感想を聞かせてくれました。カンボジアの若い政治家の皆さんの心に残るお話ができたかわかりませんが、カンボジアの平和と民主化の実現を心から祈っております。

関連記事

  • 参院選対策としての韓国向け輸出規制参院選対策としての韓国向け輸出規制 慶応大学の小林良彰教授が選挙直前に全国の有権者3,000人を対象に行った意識調査によると、今回の参院選では経済問題は投票行動にあまり影響を与えず、むしろ日米関係、日韓関係などの外 […]
  • ボリス・ジョンソン首相はどこへ行く?ボリス・ジョンソン首相はどこへ行く? イギリスの保守党の党首であり、新首相のボリス・ジョンソンは「イギリスのトランプ」のような言われ方をしていますが、ちょっと違う気がします。良いか悪いかはわかりませんが、違う気がしま […]
  • 安倍政権6年半をふり返る(15):空母は21世紀の戦艦大和安倍政権6年半をふり返る(15):空母は21世紀の戦艦大和 安倍政権の6年半をブログでふり返る参院選特別企画の第15弾です。2018年12月21日付ブログ「空母は21世紀の戦艦大和」の再掲です。防衛政策の方向性も防衛費の使い方も誤っている […]