代表選の結果を受けて

up

民進党の新代表を選ぶ臨時党大会が開かれ、前原誠司さんが新代表に決まりました。私が応援していた枝野幸男さんは残念な結果に終わりました。前原新代表には、民進党が自民党に代わる受け皿となるべく、党改革やビジョンの明確化に努めてもらいたいと思います。

前原さんは「All for All」(みんなでみんなを支える社会)をモットーに代表選を戦い、社会民主主義的な政策を柱に掲げてきました。安倍政権の新自由主義路線、「小さな政府」路線、「自己責任社会」モデルとは対称的であり、税や社会保障に関する考え方において自民党への対立軸は明確になります。前原代表は、新自由主義からの決別、増税による社会保障や教育・子育ての充実といった政策を掲げています。

解散総選挙も近づいてきましたが、小手先の選挙対策ではなく、マニフェストをボトムアップで丁寧に議論して作り上げていくことこそが、最重要の衆院選対策だと思います。マニフェストづくりのプロセス改革、シンクタンクの創設、地方議員選挙対策の強化、女性候補者の増加等の党改革を迅速に進めていただきたいと思います。前原新代表のもとでがんばります。

関連記事

  • 枝野幹事長は「保守本流」か?枝野幹事長は「保守本流」か? 先日(5月11日)枝野幸男幹事長が福岡市内で講演しました。民進党のめざすもの、自民党とのちがいなど、興味深い話でした。枝野さんの講演の内容を大雑把に箇条書き的にまとめると以下の通 […]
  • ジブチの自衛隊基地はまだ必要なのか?ジブチの自衛隊基地はまだ必要なのか? インド洋のソマリア沖海賊に対処するために、日本政府は2009年から海上自衛隊の護衛艦2隻(現在は1隻に減)と対潜哨戒機のP3Cを2機派遣しています。対潜哨戒機のためにインド洋に面 […]
  • ふるさと納税は良い制度か?ふるさと納税は良い制度か? 「ふるさと納税」は、一見すると人畜無害そうな制度です。一見良さそうな政策にも、副作用があることもしばしばです。最近では自治体が寄付のお礼として贈る「返礼品」の競争が過熱し、制度本 […]