立憲民主党

原発ゼロ基本法タウンミーティングのお知らせ

2018年1月28日
暮らしと経済

立憲民主党は衆院選公約で「原発ゼロ基本法の策定」を掲げました。さっそく今国会に議員立法の「原発ゼロ基本法」を提出する予定です。

その法案の骨子ができあがりましたので、それについて国民の皆さまの声を聴き、法案の最終案に反映させるため、全国でタウンミーティングを開催しております。ふるってご参加いただければ幸いです。

立憲民主党内で「原発ゼロ基本法」を議論しているのは、エネルギー調査会というところですが、私も同会の副会長を務めております。以前に同調査会で「原発ゼロ基本法をつくるプロセスで全国的な運動を行うべきだ」と提案したことがあります。その提案を受けて事務局がやってくれたのかどうかはわかりませんが、私が意図していたとおりのことを党としてやっています。

ただ、残念なのは福岡での開催がないことです。1月は糸島市議選挙、2月は福岡県連の設立記念セミナーとイベントが続き、そこまで手が回りませんでした。九州ブロック内では鹿児島県の川内博史衆議院議員のご尽力で鹿児島市でタウンミーティングが開催されます。以下をご参照ください。

https://cdp-japan.jp/news/929

個人情報保護方針

© Copyright 2020 山内康一