アルマーニの制服への違和感

東京都中央区の区立泰明小学校の制服(標準服)に8万円のアルマーニの制服を導入することの是非が話題になっています。言語道断だと思います。

そもそも小学校に制服はいらないと思います。百歩譲って私立小学校であれば、親の選択の自由でもあるので、制服があってもよいと思います。しかし、だれでも入学できる公立小学校では、制服はそもそも望ましくないと思います。

いまやLGBTの人たちへの配慮もあり、中学校や高校ではジェンダーフリー制服の導入が議論される時代です。小学校でもそういう配慮が必要なので、制服選びは慎重にならなくてはいけません。だったらいっそのこと小学校レベルでは制服なしでもいいと思います。

それから昔だったら「制服があったほうが、家庭の貧富の差が服装に表れないから望ましい」という考え方も成り立つかもしれませんが、いまはユニクロとかで服を買えば、低コストでちゃんとした服が買えます。アルマーニの8万円の制服なんて、買えない家庭が出るかもしれないことを考えれば論外だと思います。

格差社会の今日、高価な制服を導入した上で「買うのも買わないのも各ご家庭の自由です」ということでは、家庭の所得格差が服装で可視化されることでしょう。社会の分断線を服装が示すことになりかねません。

発展途上国でも小学校の制服が導入されているケースがありますが、貧しい家庭では制服が買えなくて小学校入学をあきらめることさえあります。日本でもこれだけ格差が広がり、子どもの貧困が深刻化するなかで注意が必要です。

関連記事

  • 【書評】イスラームの歴史:1400年の軌跡(後編)2018年4月16日前回の続きです。たとえば、イスラム教のシーア派やワッハーブ派の成り立ちや歴史を知っていれば、なぜイラク(シーア派)とサウジアラビア(ワッハーブ派)が仲が悪いのかがよく […]
  • 子どもの貧困への無関心今朝(7月31日)西日本新聞の一面トップは「子の貧困 […]
  • 時代により異なる「格差是正」の意味過去には、今から振り返るとあっと驚くような政策が時々あります。教育政策の本を読んでいて、驚くような「格差是正策」を知ったので、ご紹介させていただきます。ちょっと長くな […]