安倍総理にとっての参院選勝敗ライン:3分の2

5月29に市民連合と野党各党は政策協定を結び、参議院選挙に向けた体制づくりが進みつつあります。5月28日には野党党首会談が開かれ、全国に32ある参院選一人区で候補者を一本化する方針を確認し、30選挙区で候補者が絞られつつあります。一人区で与党と野党の一騎打ちの構造に持ち込めば、よい戦いになるでしょう。

いよいよ参議院選挙モードです。衆参同日選挙のうわさもありますが、ここでは一切無視して参院選だけに焦点をしぼって分析します。

まず消費税増税延期の是非はあまり争点にならないと思います。政府もこれだけ10月の増税準備を済ませてしまうと、いまさら増税延期の信を問う解散総選挙はないと思います。粛々と消費税増税の方向で進み、野党が反対しても大きな争点にはなりにくいでしょう。

では何が参院選の争点かといえば、憲法改正の発議が可能になる3分の2の議席を改憲派(自民、公明、維新)で守れるか、という点になると思います。

参院選で3分の2の議席を守れなかったら、安倍総理の敗北だと思います。これまで数年の間、衆参ともに与党で3分の2を占める状態が続いていました。

憲法改正論者の立場から見れば、文字通り千載一遇のチャンスでした。この機会を逃せば、次に憲法改正の発議のチャンスがいつ回って来るかわかりません。

従って、次の参院選で3分の2を失えば、改憲論者から見れば「安倍総理は3分の2の議席をもっていた数年間いったい何をやっていたんだ。もっと早く改憲の発議をすべきだった。」となると思います。その気になれば強引にでも発議できたのに、みすみす発議のチャンスを逃したことになります。

安倍総理は「憲法改正の発議ができるのに、しなかった首相」として歴史に名を残します。したがって、安倍総理から見れば、3分の2の議席を確保できるか否かが隠れた最重要テーマです。

それでは参議院の現有議席数をもとに分析します。要点を箇条書きします。

  • 選挙後の参院の議席数は245。そのうち3分の2は164議席。
  • 非改選の参議院議員のうち、改憲派(自民、公明、維新、無所属の一部)は78人。
  • 従って、今回の参院選で改憲派は、86議席を獲得する必要がある。
  • 改選議席数は124。

3年前の改憲派の獲得議席は78でした。それを86議席まで伸ばすのは簡単ではありません。野党の立場から見れば、憲法改正を阻止するためには、39議席を野党が確保すればよいことになります。これは十分に狙えるラインです。

一人区で野党共闘が実現し、かつ、野党各党が比例票をきちんと積み上げれば、39議席以上は現実的に目標達成可能だと思います。野党第一党の立憲民主党は特に責任重大です。安倍総理を勝たせないためにがんばります。

関連記事

  • 安倍総理の「悪夢」発言と社会の分断安倍総理の「悪夢」発言と社会の分断 ちょっと前の安倍総理の「悪夢」発言は、安倍総理の代議制民主主義に対する誤った認識を象徴しています。選挙中の安倍総理の「こんな人たち」発言とも同根です。 与党と野党を問わず、 […]
  • 「野党には人材がいないから政権を担えない」は本当か?「野党には人材がいないから政権を担えない」は本当か? 野党に対する不安や批判のなかでよくあるのは「野党に人材がいない」というものです。しかし、本当に立憲民主党などの野党に人材が全然いないのでしょうか? 自民党にも優秀な政治家は […]
  • 統計不正などの忖度政治を生む原因統計不正などの忖度政治を生む原因 毎月勤労統計の不正でも首相秘書官の関与が明らかになりました。官邸主導と官邸一極集中の弊害、忖度政治の問題があらためて注目を集めています。 官僚主導の政治から政治主導(内閣主 […]