二度目のJICA研修講師

昨日はJICAの「議会運営・選挙管理」研修で講義しました。昨年10月に引き続いての研修講師です。昨年と同じ受け入れ団体だったのですが、その団体のご指名により今年も野党を代表して担当させていただきました。カンボジア、モザンビーク、ネパール等の議会事務局や選挙管理委員会の幹部公務員向けの研修でした。

元の勤務先のJICAに多少なりとも恩返しができ、かつ、国会対策畑の経験、比較政治学と政策過程論を勉強してきた経験をいかせるので、多少はお役に立てると思います。日本の政治しか知らない人は、国際比較における日本政治のユニークな点を理解していないので、外国人に説明するのが下手です。私は比較政治学を勉強し、かつ、フィリピンやインドネシアの議会や選挙を少し現地で見てきたので、日本の議会や選挙の制度を他国の事例と比較しながら解説できるのが強みだと思います。

ちょうどトランプ大統領の来日中で過剰接待の当日だったこともあり、冒頭のあいさつは「You are more welcome than President Trump.」というつかみで「ややウケ」でした。本題に入ると、正確を期すためにプロの通訳さんの助けを借りながら説明し、質疑応答を行いました。

日本の国会の質問時間の割り振りや委員長ポストの与野党の配分など、きわめて具体的な質問が多かったのが印象的です。さすが議会スタッフだと思いました。

今年3月に河野太郎外務大臣からの依頼でカンボジアの若手政治家との意見交換会でお話しした内容と同様に、日本では意見の対立はあっても与野党で協調して国会運営をしている旨をお話ししました。

紛争後を経験した国や民主主義が定着していない国の人たちが相手なので、多少は日本政治を美化しつつも、与党と野党の緊張感のある国会運営のあり方をお話ししたつもりです。研修生の皆さんがそれぞれの国に帰国して、日本で得た知識や経験をもとにより良い政治をめざして貢献されることを祈っています。

あと20年くらいして政治の世界から引退したら、議会制度支援や選挙制度構築の分野で国際協力の仕事に復帰するのが、遠い未来の夢です。子どもたちが成人して手を離れたら、内戦が終わったばかりの国の議会制度づくりや選挙制度づくりの仕事に関われたらいいなと思っています。20代の頃、独立投票直後の焼け野原の東チモールに人道支援の仕事で行き、現地の国連暫定統治機構でそういう仕事をしている人たちを見て以来、やりたい仕事のひとつです。そのためにも日本の政治の現場であと20年程度は経験を積み、パワーアップしなくてはいけません。

*ご参考:2018年10月3日付ブログ「初めてのJICA研修講師」

初めてのJICA研修講師
昨日初めてJICAの研修講師を勤めさせていただきました。私は元JICA職員ですが、JICA在勤中も研修講師をしたことはありませんでした。初めての経験でとても貴重な経験でした。 JICA職員だった頃は、研修員の受け入れ人数枠を確保したり...

*ご参考:2019年3月20日付ブログ「カンボジア若手政治家と意見交換」

カンボジア若手政治家と意見交換
河野太郎外務大臣から頼まれて、外務省の招きで来日したカンボジアの超党派の若手政治家との意見交換会に参加しました。自民党の若手議員がひとりと立憲民主党から私が参加して1時間の意見交換を行いました。 日本は長年カンボジアの内戦後の復興開発...

関連記事

  • eシフトのエネルギー政策要望のヒアリングeシフトのエネルギー政策要望のヒアリング 参院選が近づき様々な団体等から選挙公約に関する要望が届きます。また、一部の団体からは直接ご要望をお聴きすることもあります。政調会長代理の立場でそういった政策要望をお聴きすることも […]
  • テレビのインタビューが苦手な理由テレビのインタビューが苦手な理由 私はテレビ出演が苦手です。しかし、役割上、避けて通れません。地元の福岡では立憲民主党の県連代表としてコメントを求められれば、基本的に断れません。また、政調会長代理という立場で、政 […]
  • 歴史的役割を放棄した横畠内閣法制局長歴史的役割を放棄した横畠内閣法制局長 横畠裕介内閣法制局長官が、参議院の予算委員会で、小西洋之氏に対して「(国会の機能は)このような場で声を荒らげて発言するようなことまでとは考えていない」と答弁しました。 内閣 […]