お薦めの本「日本のオルタナティブ」

up

コロナ危機で自宅待機が要請され、思いがけず読書に最適のシーズンになりました。著者のお一人からいただいた本の「日本のオルタナティブ」がおもしろかったので、お薦めしたいと思います。

この本では、安倍政治・自民党政治に代わるオルタナティブをそれぞれの分野の専門家が語ります。現状分析と政策提言がコンパクトにわかりやすくまとまっています。サブタイトルは「壊れた社会を再生させる18の提言」というもの。

立憲民主党の基本政策とめざしている方向性はだいたい同じだと思います。なので、立憲民主党所属の新人議員の皆さんにはぜひ読んでいただきたい本です。基礎的な政策知識を得るためにも、具体的な解決策を知るためにも、有益な本です。

経済:金子勝先生

税と社会保障:大沢真理先生

政治:山口二郎先生

社会:本田由紀先生

外交・安保:遠藤誠治先生

沖縄:猿田佐世弁護士

外交・安全保障を執筆された遠藤誠治先生だけは面識がないのですが、それ以外の先生方は私がこれまでもお世話になってきた人たちです。この1~2か月くらいの間にも金子先生、山口先生、猿田先生とは直接お会いして意見交換しました。

立憲民主党の衆議院選挙の公約(=政権構想)もこの本に出てくるラインに沿ったものになると思います(そうなってほしいと期待しています)。ぜひお読みください。

*ご参考:金子勝、大沢真理、山口二郎、本田由紀、遠藤誠治、猿田佐世 2020年『日本のオルタナティブ』岩波書店

https://www.iwanami.co.jp/book/b498650.html

関連記事

  • 合流新党への批判:選挙目当て、数合わせ、野合合流新党への批判:選挙目当て、数合わせ、野合 立憲民主党と国民民主党との合流に関する報道では、「批判になっていない批判」をよく見かけます。まともに相手にする価値もないかもしれませんが、念のためコメントします。 &nbs […]
  • 合流新党についての米国メディアの見方合流新党についての米国メディアの見方 今朝(8月20日)日本経済新聞が、立憲民主党と国民民主党の合流新党についての海外メディアの見方を載せていました。米国ウォール・ストリート・ジャーナル東京支局長のピーター・ランダー […]
  • 立憲民主党と国民民主党の合流の意義を数字でみる立憲民主党と国民民主党の合流の意義を数字でみる 立憲民主党と国民民主党が合流して新党を結成することが決まりました。先週(8月13日)に立憲民主党の両院議員懇談会が開かれ、新党の綱領案や規約案が全会一致で承認されました。両院議員 […]