新しい党名「民進党」

新しい党名が決まりました。「民進党」だそうです。私の推していた「立憲民主党」は採用されず。もちろん決定には従いますが、残念です。

どういう意味や願いをこめて「民進党」としたのかは、まだよくわかりません。政党名は政治理念や政治哲学を示すものがよいと思います。しかし、「民進党」と言われても、よくわかりません。これから丁寧な説明が求められると思います。

これから私も「民進党」の党員として活動することになりました。政党名が変わるとなると、名刺の修正や看板の発注など、いろんな作業が発生します。急いで発注しているところです。

新党になる機会に、民主党執行部は党改革を進めてほしいと思います。早く現職に復帰して、党改革や政策立案に貢献し、政権を担える政党を創っていきたいと思います。

関連記事

  • 政治家が信用されない理由政治家が信用されない理由アメリカ大統領選の共和党候補者指名争いで、トランプ氏が優勢です。人工中絶問題をめぐる発言でつまずきましたが、これまでの勢いはかなりのものです。過激な主張とエリ […]
  • 政権交代期待できる状況を政権交代期待できる状況を2018年7月2日毎日新聞(6月29朝刊)の「オピニオン(論点)」欄は「民主主義担う政党とは」という特集を組み、吉田徹教授(北海道大学、比較政治、欧州政治)の「政権交代期待できる状況を」というイン […]
  • 平成は「世襲総理」の時代平成は「世襲総理」の時代2018年9月12日もうすぐ平成が終わります。自民党総裁選は平成最後の総理を決める選挙です。この機会に平成の政治史をふりかえってみたいと思います。平成の30年間の総理大臣は以下の通りです。 第75 […]