新しい党名「民進党」

新しい党名が決まりました。「民進党」だそうです。私の推していた「立憲民主党」は採用されず。もちろん決定には従いますが、残念です。

どういう意味や願いをこめて「民進党」としたのかは、まだよくわかりません。政党名は政治理念や政治哲学を示すものがよいと思います。しかし、「民進党」と言われても、よくわかりません。これから丁寧な説明が求められると思います。

これから私も「民進党」の党員として活動することになりました。政党名が変わるとなると、名刺の修正や看板の発注など、いろんな作業が発生します。急いで発注しているところです。

新党になる機会に、民主党執行部は党改革を進めてほしいと思います。早く現職に復帰して、党改革や政策立案に貢献し、政権を担える政党を創っていきたいと思います。

関連記事

  • 政治家が信用されない理由政治家が信用されない理由 アメリカ大統領選の共和党候補者指名争いで、トランプ氏が優勢です。人工中絶問題をめぐる発言でつまずきましたが、これまでの勢いはかなりのものです。過激な主張とエリ […]
  • 安倍総理の「悪夢」発言と社会の分断安倍総理の「悪夢」発言と社会の分断 ちょっと前の安倍総理の「悪夢」発言は、安倍総理の代議制民主主義に対する誤った認識を象徴しています。選挙中の安倍総理の「こんな人たち」発言とも同根です。 与党と野党を問わず、 […]
  • 「野党には人材がいないから政権を担えない」は本当か?「野党には人材がいないから政権を担えない」は本当か? 野党に対する不安や批判のなかでよくあるのは「野党に人材がいない」というものです。しかし、本当に立憲民主党などの野党に人材が全然いないのでしょうか? 自民党にも優秀な政治家は […]