新しい党名「民進党」

新しい党名が決まりました。「民進党」だそうです。私の推していた「立憲民主党」は採用されず。もちろん決定には従いますが、残念です。

どういう意味や願いをこめて「民進党」としたのかは、まだよくわかりません。政党名は政治理念や政治哲学を示すものがよいと思います。しかし、「民進党」と言われても、よくわかりません。これから丁寧な説明が求められると思います。

これから私も「民進党」の党員として活動することになりました。政党名が変わるとなると、名刺の修正や看板の発注など、いろんな作業が発生します。急いで発注しているところです。

新党になる機会に、民主党執行部は党改革を進めてほしいと思います。早く現職に復帰して、党改革や政策立案に貢献し、政権を担える政党を創っていきたいと思います。

関連記事

  • 政治家が信用されない理由政治家が信用されない理由 アメリカ大統領選の共和党候補者指名争いで、トランプ氏が優勢です。人工中絶問題をめぐる発言でつまずきましたが、これまでの勢いはかなりのものです。過激な主張とエリ […]
  • 専門知の死:無知礼賛と民主主義【書評】専門知の死:無知礼賛と民主主義【書評】 専門知と民主主義の関係は、政治学の重要なテーマです。世界で広がるポピュリズムや反知性主義の動きを見ると、きわめて現代的なテーマです。トム・ニコルズ著「専門知は、もういらないのか: […]
  • 統一会派が政権交代へのステップである理由統一会派が政権交代へのステップである理由 立憲民主党、国民民主党、「社会保障を立て直す国民会議」の3つの衆議院内会派が統一会派になることは、実は「政権交代への第一のステップ」と言ってもよいことを数字でお示ししたいと思いま […]