立憲民主党

平和と外交

平和と外交

第5次アーミテージ・ナイ報告が12月7日に発表されました。米国の対日政策に大きな影響力を及ぼしてきた超党派グループによる提言です。これまで同様に共同議長は、共和党系のアーミテージ元国務副長官と民主党系のナイ教授(ハーバード大学)です。戦略国際問題研究所(CSIS: Center ….. 続きを読む

平和と外交

コロナ危機の結果としてグローバル化への反省が見られるようになりました。感染症がこんなにも短期間で広範囲に広がったのもグローバル化の結果です。食料やエネルギーの自給率の低さも、グローバル化のリスクのひとつと言えます。「グローバリゼーションの終わり」を主張する識者も出てきました。 し ….. 続きを読む

平和と外交

旧立憲民主党には「SDGsワーキンググループ」というのがありましたが、解党にともなってなくなりました。NGO業界の皆さんに背中を押され、私が提案して、新党にも同じ組織を作ることになりました。そして旧立憲時代のSDGsワーキンググループでは私は副座長だったのですが、新立憲では座長に ….. 続きを読む

平和と外交

マサチューセッツ工科大学のアンドリュー・マカフィー氏の「MORE from LESS 資本主義は脱物質化する」という本がおもしろいです。主に米国の事例を示しながら「より少ない物質でより多くの生産をあげる」経済にシフトしている実態を描く本です。たとえば、米国の農業生産をみると、より ….. 続きを読む

平和と外交

先日、中曽根康弘首相の国葬がありました。長期政権を担った政治家でもあり毀誉褒貶はありますが、戦争を経験した世代らしい立派なお言葉を残されています。この機会にご紹介させていただきます。ぜひ自民党の若い世代の議員に知ってほしいと思います。 太平洋戦争を経験した世代として、戦争を知らな ….. 続きを読む

2020年8月15日
私の核「非」武装論
平和と外交

今日(8月15日)は終戦の日です。大濠公園近くの武道館で開かれた福岡県主催戦没者追悼式に参加してきました。戦後75年がたち遺族の皆さんも高齢化し、「戦争を知らない世代」の高齢化も進みます。 戦争の反省と教訓を忘れ侵略の歴史を美化する歴史修正主義者が政界でも跋扈しています。自国の歴 ….. 続きを読む

平和と外交

今日(8月9日)は長崎原爆の日ですが、広島原爆の日の前日である8月5日、核兵器廃絶日本NGO連絡会が主催して、与野党の国会議員を集めて「核兵器廃絶へ日本はいま何をすべきか」をテーマに討論会が開かれました。 立憲民主党からは枝野幸男代表が出席してスピーチをしました。私も党の外交部会 ….. 続きを読む

個人情報保護方針

© Copyright 2020 山内康一