山内 康一

「枝野的保守」とは?

昨日、福岡市内で市民連合の共同代表の山口二郎教授の講演を聴きました。そのなかで山口先生が「枝野的保守」という表現を使っていました。

このところ枝野幸男代表は、しばしば「保守」を自称しています。世間一般のイメージでは、立憲民主党イコール「中道リベラル」という感じだと思います。そのため枝野さんが「保守」を自称しているのを不思議に思う人も多いでしょうが、山口先生の説明を聴くとよく理解できました。今日は山口先生の説明を踏まえて、「枝野的保守」とその背景について書いてみます。 続きを読む

国会対策委員長代理の日々の仕事

昨年春に民主党福岡3区支部長に就任して以来、週に2~3回のペースでブログをアップしてきました。しかし、今週はずっと忙しくて、もう1週間以上もブログを更新できませんでした。昼ごはんを食べる時間... 記事を読む

国会の開会と国会対策委員会の仕事

国会対策委員長代理になった私の仕事ですが、いちばん大変な時期は国会の開始直前です。昨日のニュースでも「国会の会期末が12月9日に決まった」ということが報道されていましたが、この「会期末決め」... 記事を読む