ヒラリー・クリントン氏の敗戦の弁

ヒラリー・クリントン氏の敗北の弁は、名演説でした。規模はぜんぜん違いますが、同じように落選を経験した私の心にはとても響きました。特に次の部分は感動しました。

皆さんに、特に若い人たちに聞いて欲しい。私は、自分が信じるもののために、生涯をかけて戦ってきました(I have spent my entire life fighting for what I believe in.)。勝ったことも、負けたこともあります。つらい思いもしました。

勝つこともあれば、負けることもあるでしょう。負けることはつらい。でも、決して、信じることをやめないでください。正しいことのために戦うことは、価値のあることです。ほんとうに価値のあることです(This loss hurts, but please never stop believing that fighting for what’s right is worth it. It is, it is worth it.)。


私も自分なりに「自分が信じるもののために生涯をかけて戦ってきた」つもりですし、「正しいことのために戦う」つもりです。続けて3回当選しましたが、2年前の衆議院選挙で落選しました。「勝ったことも、負けたこともあります。つらい思いもしました。」という点もまったく同感です。ヒラリー・クリントン氏の演説を聞いて、自分が落選したときのことをしみじみと思い出しました。

自分の人生を振り返ると、JICA職員、NGOスタッフ、衆議院議員、そして今は浪人中ですが、ずっと正しいと信じた目的のために戦ってきたつもりです。次の選挙だって厳しいのは重々わかっていますが、それでも「信ずることをやめないで」チャレンジしたいと思います。これまでも楽な道ではなかったし、これからも厳しい道が続きますが、それでも「正しいことのために戦う」ことを続けていきたいと思います。ヒラリー・クリントン氏の演説に勇気づけられました。

関連記事

  • 今日で45歳。ヒラリー・クリントンのように。今日で45歳。ヒラリー・クリントンのように。 ついに本日、45歳の誕生日をむかえました。何となく節目のような気がします。成人して25年(四半世紀!)。衆議院議員在職10周年(浪人中を含むと政治活動14年目突入)。社会人になっ […]
  • 軽減税率は政治家の責任放棄:小峰隆夫「平成の経済」より軽減税率は政治家の責任放棄:小峰隆夫「平成の経済」より 旧経済企画庁のはえ抜きのいわゆる「官庁エコノミスト」の小峰隆夫氏(現大正大学教授)の新著「平成の経済」(日本経済新聞出版社)は、かたい本ですが、読むに値する良書です。以前にも小峰 […]
  • 集中力のないことの利点集中力のないことの利点 私の持論は「集中力のないことにもメリットがある」というものです。 最近読んだ「サピエンス異変」という本によると、人類がイスに座るようになったのはごく最近(ほとんどの人にとっ […]