ヒラリー・クリントン氏の敗戦の弁

ヒラリー・クリントン氏の敗北の弁は、名演説でした。規模はぜんぜん違いますが、同じように落選を経験した私の心にはとても響きました。特に次の部分は感動しました。

皆さんに、特に若い人たちに聞いて欲しい。私は、自分が信じるもののために、生涯をかけて戦ってきました(I have spent my entire life fighting for what I believe in.)。勝ったことも、負けたこともあります。つらい思いもしました。

勝つこともあれば、負けることもあるでしょう。負けることはつらい。でも、決して、信じることをやめないでください。正しいことのために戦うことは、価値のあることです。ほんとうに価値のあることです(This loss hurts, but please never stop believing that fighting for what’s right is worth it. It is, it is worth it.)。


私も自分なりに「自分が信じるもののために生涯をかけて戦ってきた」つもりですし、「正しいことのために戦う」つもりです。続けて3回当選しましたが、2年前の衆議院選挙で落選しました。「勝ったことも、負けたこともあります。つらい思いもしました。」という点もまったく同感です。ヒラリー・クリントン氏の演説を聞いて、自分が落選したときのことをしみじみと思い出しました。

自分の人生を振り返ると、JICA職員、NGOスタッフ、衆議院議員、そして今は浪人中ですが、ずっと正しいと信じた目的のために戦ってきたつもりです。次の選挙だって厳しいのは重々わかっていますが、それでも「信ずることをやめないで」チャレンジしたいと思います。これまでも楽な道ではなかったし、これからも厳しい道が続きますが、それでも「正しいことのために戦う」ことを続けていきたいと思います。ヒラリー・クリントン氏の演説に勇気づけられました。

関連記事

  • 今日で45歳。ヒラリー・クリントンのように。今日で45歳。ヒラリー・クリントンのように。 ついに本日、45歳の誕生日をむかえました。何となく節目のような気がします。成人して25年(四半世紀!)。衆議院議員在職10周年(浪人中を含むと政治活動14年目突入)。社会人になっ […]
  • コロナ対策会議の尾身茂副座長の思い出コロナ対策会議の尾身茂副座長の思い出 新型コロナウイルス感染対策専門家会議の報道で医師の尾身茂先生のお名前をしばしば見かけます。対策会議の提言や報告はもちろん重大関心事ですが、尾身先生のお名前を見てなつかしくなりまし […]
  • お薦めの本:佐藤賢一著『ドゥ・ゴール』お薦めの本:佐藤賢一著『ドゥ・ゴール』 自宅待機中の読書にぴったりの本をご紹介させていただきます。「コロナ危機でたいへんな時に能天気なことを書くのは不謹慎だ」みたいなことを言われたこともありますが、危機的な状況だからこ […]