「表現の不自由展」と政治家

ヴォルテールの言葉に「私はあなたの意見に反対だ。しかし、あなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」というのがあるそうです(孫引きで恐縮です)。

いま日本の政治家に求められる姿勢だと思います。もちろん賛成の意見もそれを主張する権利を命をかけて守る必要があります。

今回の国際芸術祭「表現の不自由展・その後」の開催中止問題は、日本の民主主義の危機を象徴しています。政治家が展示中止を求めるコメントを出したり、圧力をかけたりするのは言語道断だと思います。

展示の中止を求めてテロ予告のような脅迫電話もかかっているそうですが、言論封殺を目論むテロには毅然とした対応が必要です。警察が取り締まるべきはこのような脅迫であり、警備を強化してでも展示を続けるべきだったと思います。右も左も関係なく、表現の自由を守るべく全力を尽くすべきです。

この事件を通じて、日本の民主主義は本当に危機的だとあらためて思いました。日本の政治家の質の劣化は目を覆うばかりです(私もその片割れですが、、、)。自由と民主主義がテロに屈するわけにはいきません。与野党を超えて連携して、このような脅迫を跳ね返すべきだと思います。

関連記事