立憲民主党

子どもと教育

子どもと教育

西日本新聞(9月4日)朝刊に「子どもの幸福度 日本最低水準」という記事が出ていました。先進国・新興国38か国の子どもの幸福度を調査したユニセフの報告書によると、日本の子どもは生活満足度の低さ、自殺率の高さから「精神的な幸福度」が37位と最低レベルだったそうです。 ちなみに「身体的 ….. 続きを読む

子どもと教育

ハーバード大学名誉教授で生物学・昆虫学の世界的な権威のエドワード・O・ウィルソン氏は、最近よく聞く「STEM(ステム)教育」を次のように批判しています。おもしろかったので引用します。 アメリカには「STEM」という教育システムがあって、すべての若い人たちは、サイエンス(S:Sci ….. 続きを読む

子どもと教育

このシリーズも第4回目です。今日のブログも長いですが、これで終わりにします。これまで大学の世界ランキングが信用できない点を述べてきましたが、世界ランキングを重視して大学改革を進める弊害について述べます。 大学の世界ランキングの順位を上げようとすれば、外国人の教員と留学生を増やさな ….. 続きを読む

子どもと教育

「世界大学ランキングを軽視すべき理由」シリーズの第3弾です。今回は「英語という要素を除けば、日本のトップクラスの大学の実力は低くない」点を述べます。 世界大学ランキングは各国のトップ校を比較するランキングなので、比較対象は日本のトップ校です。私の感覚では旧帝国大学や私大のトップレ ….. 続きを読む

子どもと教育

世界大学ランキングを軽視すべき理由シリーズ第2弾です。まず世界ランキングのトップ100にどの国の大学が入っているかを見てみます。 何といっても安倍政権の大学教育政策の成果指標には「世界大学ランキングトップ100にわが国の大学10校以上をめざす」というのが含まれています。文科省にと ….. 続きを読む

子どもと教育

先日(6月3日)、英国の高等教育専門誌THE(Times Higher Education)がアジアの大学ランキング2020年版を発表し、東京大学が7位、京都大学が12位に入ったことが報道されていました。 日本を代表する東京大学や京都大学のランキングがアジアのなかで高くないことが ….. 続きを読む

子どもと教育

新型コロナウイルス感染防止のための学校休業を受け、一時的に9月入学導入論が盛り上がりました。しかし、検討してみると現実的でないことがわかり、導入は見送られました。 この経緯をふり返ってみると、一時的な人気取りに走るポピュリスト政治家の特徴がよく表れていると思います。たとえば、こん ….. 続きを読む

個人情報保護方針

© Copyright 2020 山内康一