日々の雑感、書評

コロナ危機を考えるための5冊

ちょっと前にある企画で「コロナの緊急事態宣言で外出自粛中の政治関係者にお薦めの本を紹介してほしい」という依頼があり、以下の文章を書きました。残念ながらその企画がボツになり、原稿が無駄になってしまったので、この場をお借りしてご紹介させていただ...
国会だより:衆議院議員の仕事

外務委員会の質問要旨:コロナ危機とODA他

本日(5月13日)衆議院外務委員会で30分間の質疑を行いました。発言要旨をご紹介させていただきます。 【コロナ危機に関わるODAについて】 一次補正予算で840億円の新型コロナウイルス対策のODA予算が組まれた点は評価。二次...
子どもと教育

9月入学はグローバル化に役立つか?

コロナ危機による学校休業をきっかけに降ってわいたように「9月入学」論が沸き上がりました。東京都知事、宮城県知事、大阪府知事も9月入学に賛同し、安倍総理や萩生田文部科学大臣も検討を表明しました。 もともと安倍総理や自民党文教族議員の萩生...
子どもと教育

困窮学生支援は「財政負担」ではなく「公共投資」

コロナ危機でアルバイトがなくなったり、親の所得が激減したりで、多くの学生が授業料や生活費の負担で困っています。その状況を何とかするために立憲民主党を含む共同会派で、大学生・専門学校生等を支援するための議員提出法案を用意しています。 法...
国会だより:衆議院議員の仕事

明日の衆院外務委員会【訂正含む】

ステイ・ホームのゴールデンウィークが終わりました。国会は平常に近いモードで今日も動いています。党の政調の会議も基本的にはZOOMモードなのですが、役員は現場に行くことになっており、私は会議室に出頭します。 明日は衆議院外務委員会が予定...
政治の動きと分析

コロナ危機のどさくさ紛れ“ショック・ドクトリン”

カナダ人ジャーナリストのナオミ・クラインの著書に「ショック・ドクトリン:惨事便乗型資本主義の正体を暴く」という本があります。世界的にも売れた本です(たぶん)。 新自由主義をリードしてきたマネタリズムの主唱者のミルトン・フリードマンは、...
平和と外交

中国のコロナ危機パブリック・ディプロマシーの失敗

世界的な新型コロナウイルス感染拡大を受けて4月25日付読売新聞(朝刊)に駐日中国大使の孔鉉祐氏が「助け合って難局を乗り切ろう」という文章を寄稿しました。 一読して「悪気はないんだろうけれど、パブリック・ディプロマシーの失敗例だな」と思...
子どもと教育

GIGAスクール批判(2):ICTに教育効果はあるのか?

先日(4月10日)「GIGAスクール構想」に関わる補正予算2,292億円を批判しましたが、ご納得いただけない読者の方もいらっしゃったようです。今度は「そもそも小中学校のICT教育に効果があるのか?」という観点から考えてみたいと思います。 ...
社会と市民活動、NPO

一律10万円の給付金を国会議員はどうすべきか?

国会議員にも一律10万円の給付金が支払われることになり、国会議員が受け取るべきか否かが議論になっています。大臣、副大臣、大臣政務官は、給付申請を行わないことを閣議決定したそうです。 それはそれで筋が通っていると思います。10万円の給付...
政治の動きと分析

「野党は批判ばかり」批判への批判

しばしば一部メディアから野党に投げかけられる批判に「野党は批判ばかり」という批判があります。新型コロナウイルス危機のような状況下で政府を批判すると、「野党は批判ばかり」批判を浴びます。以前にも「『野党は批判ばかり』という批判」というブログを...